THE 魚 あじ類 いただきさん うどん うまいもん広め隊 おさかなマルシェ おさかな大使 おにぎらず かがわ漁業塾 かき かちかち から揚げ さぬきのめざめ さぬき蛸 そうめん たたき つぼ焼き てっぱい とらふぐ なか渓 なめろう にし貝 はるいお ひけた鰤 びんぐし ぶりしゃぶ ぶり大根 みそ漬け りゅうきゅう アイゴ アイナメ アオリイカ アカエイ アカエビ アカカマス アカガイ アカニシ アカモク アコウ アジ アスパラガス アナゴ アヒージョ イイダコ イカナゴ イカ墨スパゲティ イタヤガイ イボダイ イリコ イリコ出汁 インターンシップ インボルティーニ ウマヅラハギ ウミタナゴ ウルメイワシ エサ エビ エビ類 オイル漬け オコゼ オニオコゼ オニテッポウエビ オリーブぶり オリーブハマチ オリーブハマチうどん オリーブハマチうどんキャンペーン オリーブマダイ オリーブ葉 カキ カキうどん カキ天 カキ汁 カキ焼 カキ飯 カサゴ カタクチイワシ カタクチイワシの塩辛 カツオ カミナリイカ カメノテ カラメ カルパッチョ カレーうどん カワハギ ガザミ ガラモ ガンゾウ キジハタ キス キチヌ キメンガニ キュウセン クニマス クマエビ クルマエビ クロダイ ゲタ コイチ コウイカ コウライアカシタビラメ コノシロ コモンフグ サザエ サヨリ サルエビ サワラ サーモン シズ シタビラメ シマイサキ シマウシノシタ シャコ シロギス スズキ セトウシノシタ セトダイ ソテー タイラギ タケノコメバル タコ タコ焼き タチウオ タマガンゾウビラメ タモリ チヌ チョウザメ チリメン チリメンジャコ チリメンモンスター チワラスボ チーズ焼き ツバス ツメナガオニテッポウエビ テナガダコ テナガテッポウエビ テンジクダイ デビラ トムヤムクン トラエビ トラフグ ニジマス ニベ ネズッポ類 ネバゴチ ネブト ノリ ハマチ ハマチの漬け ハモ ハリイカ パスタ パッチ網 パッチ網漁業 パン粉焼き ヒトエグサ ヒラメ ファストフィッシュ フィーレ ブリ プランクトン ヘイケガニ ヘダイ ボイル ボラ マアジ マイワシ マガキ マコガレイ マダイ マダコ マダコの卵 マナガツオ マルアジ ミルクスープ ムニエル メイタガレイ メカブ メバル ヤマトカマス ワカメ 三杯酢 中間育成 仁尾町漁協 伊吹いりこ 佃煮 出港式 加工品 吉野打ち 味噌汁 四海漁協おいしいハモをとどけ隊 地魚 地魚料理 塩焼き 増殖礁 大使PR 天ぷら 天勝 子イカ 小エビ 小豆島 島鱧 小豆島オリーブサーモン 小豆島島鱧 巻寿司 市場 干物 庵治 揚げ物 放魚祭 新規就業者 昆布 朝市 水族館 池田 海ごみ 海外料理 海苔 海藻 海鮮丼 湯引き 源平ハーブサーモン 漁師になりたい 漁業塾 漁業士 瀬戸内サーモン 瀬戸内海機船船びき網 瀬戸内海歴史民俗資料館 焼ガキ 煮つけ 煮付け 牡蠣 玉筋魚 珍味 生しらす 生シラス 生春巻 白子 県産ハマチ 稚魚放流 種苗生産 糸より姫 試食 調査 讃岐うどん 讃岐さーもん 讃岐でんぷく 貝柱 郷土料理 酒蒸し 釣り 青壮年部 食育 食育教室 餃子 養殖 養殖うなぎ 首都圏 香川おさかな大使 香川のハマチペーパークラフト 香川丸 香川県 香川県の水生生物 高知県 魚のあら 魚卵 鯛めし

県内漁協関係の養殖マガキ販売情報

2019/12/13 00:00
 マガキの美味しい季節がやってきました。水温の低下とともに、ふっくらと身が詰まり、うま味も増します。今年は台風等の影響も少なく生育は順調で、お求めやすい価格のようです。 県内では主に三豊市詫間地区、多度津町白方地区、志度湾地区での養殖が盛んです。高松市牟礼町で始まった殻付きカキを鉄板で焼く「カキ焼き」は、県内各地の店舗で楽しむことができます。 ここでは、漁協等が窓口となって殻付きカキなどを直販している詫間漁協と白方漁協を紹介します。詳しい内容と販売価格については各窓口に直..

続きを読む

早春のおさかなを野外で食す!

2018/03/31 08:00
ども、ヒロです。 まだ少し肌寒い休日に、秘密の会合で美味いものを食べましたので自慢画像を披露します。 野外で真昼間からお酒を飲みながら食べるおさかなたちは最高です。 お刺身の内訳は、ニベ(コイチ)とマダイとスズキ。 ぜ~んぶ白身なんで、どれがどれか画像ではワカリマセン( ゚Д゚)が、特筆すべきはニベ(コイチ)です。 この時期スーパーに並びますが、どちらかと言うと価格的にはリーズナブルなほう。高級感は無いイメージですが、この大皿の中では一番美味いと大人..

続きを読む

新年スピンオフ企画 「ぶた」と「うどん」に触発されたカキ編

2018/01/31 08:00
★どうも、かつて目痛加齢と呼ばれていた、目痛華麗です。(昭和年代の人には懐かしいプリンス風の表現)年が明けたので、気持ちも新たに 加齢華麗 に改名いたしました。(改名の紆余曲折は、2017.12.20記事を参照してください。)今後ともよろしくお付き合いください★ さて正月明けの連休中、近場(高松市、岡山市内)に出歩きまして、参考になるグルメを食べてきました。同時期、おさかな課職員有志と志度湾の「カキ焼き」(2018.1.26記事参照)に行ったことから、自然発生的にパクリ..

続きを読む

うどん県冬の風物詩、『カキ焼』を堪能~

2018/01/26 08:00
どもどもこんにちは~、ヤシマハタです。 皆さん、うどん県冬の味覚、『カキ』は、今シーズンもう食べられましたか?? ちなみに私はスーパー等でちょくちょく買っては、鍋に入れたり、アヒージョにしたりと色々な料理にしていただいております(*'ω'*) どんな料理にしてもめちゃめちゃ美味しいカキ、でも何だか物足りない… 美味しいんだけど、もっともっとカキを食べた~い(>_<) そう思い、おさかな課の方たちと『カキ焼』に行ってまいりました 本日はその様子をレポートした..

続きを読む

多度津高校漁業体験

2017/12/18 08:00
お久しぶりです。新人職員のオリジャクです。 今回の記事は多度津高校海洋生産課2年生を対象に行われた、体験研修についてです。 学生の皆さんはカキ養殖業の概要と、養殖生産物の生産、流通、消費(食べ方、栄養)を学びました。 予定では船に乗ってカキの取り上げ作業を見学する予定でしたが、荒天のため、安全を考慮し、中止になりました。 ※2年前の写真です。 そのため、今回はカキ養殖の概要の説明から始まります。 白方漁協組合長や生産者代表の方々からカキ養殖の流..

続きを読む

これぞ、わかめつくし!?(目痛加齢劇場シーズン2 年度初めのパイロット版)

2017/04/13 08:00
年度末の3月27日付けブログで活動休止を発表しましたが、状況が変わりわずか17日で再開することになりました、目痛加齢です。今となっては、休止ではなく「活動中休み」にしとけばよかったと後悔しています。 また、お約束の「テニス肘」ですが、年度内には完治せず、いまだ治療通院が続いています。第2シーズンは、テニス肘の治療と原稿執筆の両立を目指し、無理のない範囲で月1回程度、小ネタ中心にUPしたいと思っています。 さて今回は、不安と期待が入り混じる新年度初回おためし版ということで、..

続きを読む

うどん県産カキ、シーズン終盤!その2 ~カキの佃煮をつくろう!~

2017/03/10 08:24
みなさん、こんにちは!Y技師です。 先日、「カキのアヒージョ」についてお知らせしましたが・・・ 今回は、炊き立てご飯と相性抜群!"カキの佃煮(つくだに)"を作りましたので、紹介しますよ! では、さっそく作り方・・・。 ①材料は、カキと生姜(千切りにする)、そして、調味料として醤油(濃口)・料理酒・みりんをそれぞれ60cc、砂糖60g、ハチミツ少々です。 カキは今回、某スーパーマーケットで1盛500円(200g以上入っていました!)を購入!相変わらず身..

続きを読む

うどん県産カキ、シーズン終盤!~カキのアヒージョをつくろう!~

2017/03/03 08:00
みなさん、こんにちは!Y技師です。 今回は、そろそろシーズンも終盤、カキの話題をお届けします!(^^)/ カキと言えば、広島県や三陸などが有名産地ですが、 我らがうどん県でも、東はさぬき市、西は三豊市まで計8ヶ所で養殖が行われており、 生産量は、全国第11位となっております!(平成27年 農林水産省農林水産統計データより) 生産者によりますと、今年は特に身入りがよいということなので、シーズンも残り短くなってきましたが、旬の味覚を楽しみたいですね! さて、カキ料..

続きを読む

最終章 それゆけ!!カキ焼き(目痛加齢ほお張る編)

2017/01/20 08:00
正月明けに、今年最後の記事を書いたにもかかわらず、また出てきました。右利きなのに、なぜか左腕がテニス肘になってしまった、目痛加齢です。月に3回のべ6時間程度しかテニスをしてないのに、バックの両手打ちに問題があるんでしょうか・・・。 年を重ねるとは、様々な痛さに耐えて頑張ることなんですね。ハンドルネームを目痛加齢から手痛加齢に改名しようかと思っています。 さて、小豆島のテニスの知り合いのグループと、今が旬の志度湾のカキ焼きに行ってきたので、簡単に報告します。 うど..

続きを読む

浦島太郎伝説。

2017/01/16 08:00
むかしむかし浦島は~♪助けた亀に連れられて~♪龍宮城へ来て見れば~♪絵にもかけない美しさ~♪ ということで日本各地に浦島太郎伝説があるワケですが、我がうどん県の西は荘内半島にも数々の浦島伝説を裏付ける地名や決定的な証拠がありますのでご紹介いたします。 というワケで本日の主役はこの方、そう「浦島太郎」さんです。アレレっ??助けた亀に乗っている浦島太郎さんですが、既にご高齢の様子に見受けられます。ワタクシの記憶では、竜宮城から帰ってきてからおじいさんになったような..

続きを読む

うどん県産カキだらけうどん

2017/01/13 08:00
どうも、麺's倶楽部主宰、うどんトッピングハンターのヒロです。 今年も美味しいトッピングをいっぱい探していきますのでよろしくお願いします。 さて、ちょっと前に志度のカキ天トッピングのお店を紹介しましたが。 年が明けて、やっと再訪できました。高松市郷東町の「Hさ枝」さん。もうアタマの中はカキ一色です。 入店してみると、ど~んと表示が。 「カキうどん小、麺そのままで。」 そして、すかさず天ぷらも頼みます。 表示は擦れて消えかけてますが当然カキの天ぷら..

続きを読む