THE 魚 あじ類 いただきさん うどん うまいもん広め隊 おさかなマルシェ おさかな大使 おにぎらず かがわ漁業塾 かき かちかち から揚げ さぬきのめざめ さぬき海の幸販売促進協議会 さぬき蛸 そうめん たたき つぼ焼き てっぱい とらふぐ なか渓 なめろう にし貝 はるいお ひけた鰤 びんぐし ふ化仔魚放流 ぶりしゃぶ ぶり大根 みそ漬け りゅうきゅう アイゴ アイナメ アオリイカ アカエイ アカエビ アカカマス アカガイ アカニシ アカモク アコウ アジ アスパラガス アナゴ アヒージョ イイダコ イカナゴ イカ墨スパゲティ イタボガキ イタヤガイ イボダイ イリコ イリコ出汁 インターンシップ インボルティーニ ウマヅラハギ ウミタナゴ ウルメイワシ エサ エビ エビ類 オイル漬け オコゼ オニオコゼ オニテッポウエビ オリーブぶり オリーブハマチ オリーブハマチうどん オリーブハマチうどんキャンペーン オリーブマダイ オリーブ葉 カキ カキうどん カキ天 カキ汁 カキ焼 カキ飯 カサゴ カタクチイワシ カタクチイワシの塩辛 カツオ カミナリイカ カメノテ カラメ カルパッチョ カレーうどん カワハギ ガザミ ガラモ ガンゾウ キジハタ キス キチヌ キメンガニ キュウセン クニマス クマエビ クルマエビ クロダイ ゲタ コイチ コウイカ コウライアカシタビラメ コノシロ コモンフグ サザエ サヨリ サルエビ サワラ サーモン シズ シタビラメ シマイサキ シマウシノシタ シャコ シロギス スズキ セトウシノシタ セトダイ ソテー タイラギ タケノコメバル タコ タコ焼き タチウオ タマガンゾウビラメ タモリ チヌ チョウザメ チリメン チリメンジャコ チリメンモンスター チワラスボ チーズ焼き ツバス ツメナガオニテッポウエビ テナガダコ テナガテッポウエビ テンジクダイ デビラ トムヤムクン トラエビ トラフグ ニジマス ニベ ネズッポ類 ネバゴチ ネブト ノリ ハマチ ハマチの漬け ハモ ハリイカ パスタ パッチ網 パッチ網漁業 パン粉焼き ヒトエグサ ヒラメ ファストフィッシュ フィーレ ブリ プランクトン ヘイケガニ ヘダイ ボイル ボラ マアジ マイワシ マガキ マコガレイ マダイ マダコ マダコの卵 マナガツオ マルアジ ミルクスープ ムニエル メイタガレイ メカブ メバル ヤマトカマス ワカメ 三杯酢 中間育成 仁尾町漁協 伊吹いりこ 佃煮 低利用資源 出港式 加工品 吉野打ち 味噌汁 唐揚げ 四海漁協おいしいハモをとどけ隊 地魚 地魚料理 塩焼き 増殖礁 大使PR 天ぷら 天勝 子イカ 小エビ 小豆島 島鱧 小豆島オリーブサーモン 小豆島島鱧 巻寿司 市場 干物 庵治 採卵 揚げ物 放魚祭 新規就業者 昆布 朝市 未利用資源 栽培漁業センター 水族館 池田 海ごみ 海外料理 海苔 海藻 海鮮丼 湯引き 源平ハーブサーモン 漁師になりたい 漁業塾 漁業士 瀬戸内サーモン 瀬戸内海機船船びき網 瀬戸内海歴史民俗資料館 焼ガキ 煮つけ 煮付け 牡蠣 玉筋魚 珍味 生しらす 生シラス 生春巻 白子 県産ハマチ 稚魚放流 種苗放流 種苗生産 糸より姫 試食 調査 讃岐うどん 讃岐さーもん 讃岐でんぷく 貝柱 貝類増養殖 郷土料理 酒蒸し 釣り 青壮年部 食育 食育教室 餃子 養殖 養殖うなぎ 首都圏 香川おさかな大使 香川のハマチペーパークラフト 香川丸 香川県 香川県の水生生物 高知県 魚のあら 魚卵 鯛めし

メバルでギョーザ

2020/05/04 09:00
ども、ヒロです。うどん県の春のお魚がたくさん紹介されていますが、この春まだ登場していないお魚がありますね。ワタクシが特別に大好きなお魚「メバル」です。(ホントは3種に分けられていますが、ココでは総称としてメバルを使用します)昨年の春はヒラメ太郎EpisodeⅡさんがアヒージョを紹介していました。メバル料理といえば「煮付け」が定番かと思いますが、ワタクシも変化球で今回は「メバルの水ギョーザ」を紹介しようと思います。まずは、メバルさんを捌いていきます。三枚おろしが苦手な方は、鮮魚..

続きを読む

第三の春告魚

2019/05/08 17:24
 春告魚については、これまでにイカナゴ、サワラとご紹介してきましたワケでございますが、今回のメバルにつきましても、うどん県に春を告げるお魚となっているワケでございます。  このメバルですが、オキソメバルとかクロメバルなんてうどん県では呼ばれていますが、学術的にはシロメバル、アカメバル、クロメバルの3種がいるとのことでございます。これがまた最近まで3種が分けられていなかったというから驚きでございます。しかし、数十年前には漁師さんはすでに分けて出荷されていたとの情報もあ..

続きを読む

メバルの出産?!

2019/01/11 13:17
「眼が張る魚=メバル」。見た目から名前が付いた年間通しておいしい魚です。そんなメバルの雌は今、出産準備に入っています。実は、メバルは「卵胎生(らんたいせい)」といって、雌のお腹の中で卵がふ化し、6mmくらいの仔魚(魚の赤ちゃん)を産むんです。 水産試験場で育てているお腹が大きく張った雌の写真がこちら(体重が300gほどもある立派な雌)。いよいよその時が来るか、と毎日ドキドキしながら水槽をのぞき込んでいる担当者たちです。 産まれた仔魚を飼育する予定の水槽はこんな感じ..

続きを読む

第49回放魚祭 in庵治

2018/08/01 00:00
はじめまして。新人の"しおうみうし"と申します。 連日厳しい暑さが続いていますが、魚を食べて元気に乗り越えたいですね。 うどん県では今年も放魚祭が開催されました。 今回の会場はあのセカチューの舞台ともなった庵治。 たくさんの大漁旗が掲げられ活気づく会場。 まずは小学生を対象とした水産教室。 お魚ビンゴでみんな大盛り上がりでした(景品はもちろんお魚グッズ)。 「魚が好きな人!」という問いかけにたくさんの手が挙がったのはうれしい限り。 宮司さん..

続きを読む

市場調査-4月 引田漁協市場

2018/04/30 00:00
 こんにちは、播磨守 太郎です。  春の陽気に包まれる日が多くなりました。ということで、先日、引田漁協の市場で春の訪れを感じる魚を探してみました。  定置網では、コノシロの箱数が最も多くなっています。ウマヅラハギは、産卵のためにやって来た大型魚が目立ちます。コウイカ(はりいか)も多くなって来ました。これも近い時期に産卵するでしょう。もちろんマダイもあります(近年は冬もたくさん獲れますが)。量は少ないもののサツキマスはどうかと思いましたが、残念、今日は見られませんでした。 ..

続きを読む

梅雨メバルを食べるよ

2017/07/14 08:00
ども、ヒロです。 梅雨ですね。夏バテ防止にマダコを食べようと呼びかけたところですが、今日はメバルです。 釣りの世界では、この時期のメバルは「梅雨メバル」と呼ばれ比較的大型の個体が釣れるということで人気があります。 でもココは釣りブログではありませんので、食味の部分で紹介したいと思います。 産卵期の疲れから回復し、豊富な餌をたっぷり食べて丸々と肥えた大型のメバルは、当然ながら味も最高です。 ワタクシの「個人的瀬戸内小魚食味ランキング」ではかなりの上位にくるお魚なん..

続きを読む

もっと見る