THE 魚 あじ類 いただきさん うどん うまいもん広め隊 おさかなマルシェ おさかな大使 おにぎらず かがわ漁業塾 かき かちかち から揚げ さぬきのめざめ さぬき海の幸販売促進協議会 さぬき蛸 そうめん たたき つぼ焼き てっぱい とらふぐ なか渓 なめろう にし貝 はるいお ひけた鰤 びんぐし ふ化仔魚放流 ぶりしゃぶ ぶり大根 みそ漬け りゅうきゅう アイゴ アイナメ アオリイカ アカエイ アカエビ アカカマス アカガイ アカニシ アカモク アコウ アジ アスパラガス アナゴ アヒージョ イイダコ イカナゴ イカ墨スパゲティ イタボガキ イタヤガイ イボダイ イリコ イリコ出汁 インターンシップ インボルティーニ ウマヅラハギ ウミタナゴ ウルメイワシ エサ エビ エビ類 オイル漬け オコゼ オニオコゼ オニテッポウエビ オリーブぶり オリーブハマチ オリーブハマチうどん オリーブハマチうどんキャンペーン オリーブマダイ オリーブ葉 カキ カキうどん カキ天 カキ汁 カキ焼 カキ飯 カサゴ カタクチイワシ カタクチイワシの塩辛 カツオ カミナリイカ カメノテ カラメ カルパッチョ カレーうどん カワハギ ガザミ ガラモ ガンゾウ キジハタ キス キチヌ キメンガニ キュウセン クニマス クマエビ クルマエビ クロダイ ゲタ コイチ コウイカ コウライアカシタビラメ コノシロ コモンフグ サザエ サヨリ サルエビ サワラ サーモン シズ シタビラメ シマイサキ シマウシノシタ シャコ シロギス スズキ セトウシノシタ セトダイ ソテー タイラギ タケノコメバル タコ タコ焼き タチウオ タマガンゾウビラメ タモリ チヌ チョウザメ チリメン チリメンジャコ チリメンモンスター チワラスボ チーズ焼き ツバス ツメナガオニテッポウエビ テナガダコ テナガテッポウエビ テンジクダイ デビラ トムヤムクン トラエビ トラフグ ニジマス ニベ ネズッポ類 ネバゴチ ネブト ノリ ハマチ ハマチの漬け ハモ ハリイカ パスタ パッチ網 パッチ網漁業 パン粉焼き ヒトエグサ ヒラメ ファストフィッシュ フィーレ ブリ プランクトン ヘイケガニ ヘダイ ボイル ボラ マアジ マイワシ マガキ マコガレイ マダイ マダコ マダコの卵 マナガツオ マルアジ ミルクスープ ムニエル メイタガレイ メカブ メバル ヤマトカマス ワカメ 三杯酢 中間育成 仁尾町漁協 伊吹いりこ 佃煮 低利用資源 出港式 加工品 吉野打ち 味噌汁 唐揚げ 四海漁協おいしいハモをとどけ隊 地魚 地魚料理 塩焼き 増殖礁 大使PR 天ぷら 天勝 子イカ 小エビ 小豆島 島鱧 小豆島オリーブサーモン 小豆島島鱧 巻寿司 市場 干物 庵治 採卵 揚げ物 放魚祭 新規就業者 昆布 朝市 未利用資源 栽培漁業センター 水族館 池田 海ごみ 海外料理 海苔 海藻 海鮮丼 湯引き 源平ハーブサーモン 漁師になりたい 漁業塾 漁業士 瀬戸内サーモン 瀬戸内海機船船びき網 瀬戸内海歴史民俗資料館 焼ガキ 煮つけ 煮付け 牡蠣 玉筋魚 珍味 生しらす 生シラス 生春巻 白子 県産ハマチ 稚魚放流 種苗放流 種苗生産 糸より姫 試食 調査 讃岐うどん 讃岐さーもん 讃岐でんぷく 貝柱 貝類増養殖 郷土料理 酒蒸し 釣り 青壮年部 食育 食育教室 餃子 養殖 養殖うなぎ 首都圏 香川おさかな大使 香川のハマチペーパークラフト 香川丸 香川県 香川県の水生生物 高知県 魚のあら 魚卵 鯛めし

私もお勧め!今が旬の豆アジ

2019/07/16 09:42
 引田漁協さんが全力でお届けしている「続 ひけた鰤Diary」。  先月6月末に「豆アジ」が5日間にわたって取り上げられました。  そして当ブログのヒラメ太郎EpisodeⅡ先輩の「豆アジ」の記事。  これらの記事を読んで浮かんでくるキーワード。  「地産地消」「お手頃価格」「調理簡単」「時短料理」そして「おいしい」。  これだけ条件がそろうと買いたい、食べたいのスイッチが入ります。  私も高松市内のスーパーで豆アジをゲット。  たくさん盛ってます..

続きを読む

うどん県産でっかいマアジ!その③刺身&なめろう

2018/03/07 08:00
ども、ヒロです。 その①、その②の続きですよ。 綺麗に三枚おろしできたマアジ。 柵の真ん中を走っている小骨、骨抜きで抜けば良いんですが今回はメンドくさいので切り捨てまして。 美味しそうな腹側の身を刺身のメインに使いますよ。 まあ、お刺身はお好きな厚さにスパスパと切っていけば良いです。今回は身が多いので端っこの形が整わない部分はなめろうに回してしまいましょう。 良い感じです。 では「なめろう」に。お好みの薬味を刻みましょう。 今回はショウ..

続きを読む

好きだといわしてサヨリちゃん

2018/02/16 08:00
 というワケで、今回ご紹介するのはコチラ!サヨリちゃんでございます。  そのスタイルはほっそりしておりまして、体表はピカピカのきれいなお魚でございます。大きなものになると、サンマぐらいのサイズになるワケですが、今回はそれ程の大きさではありませんでした。  とりあえずこの中から大きめのサヨリちゃんをお造りにしてみようかと思います。  おろしていく前にまずはお顔のアップ。下アゴがビヨーンと突き出ているのが最大の特徴ですねぇ。  まずは三枚おろしにするワケ..

続きを読む

もっと見る