THE 魚 あじ類 いただきさん うどん うまいもん広め隊 おさかなマルシェ おさかな大使 おにぎらず かがわ漁業塾 かちかち さぬきのめざめ さぬき蛸 そうめん てっぱい とらふぐ なか渓 なめろう はるいお ひけた鰤 ぶりしゃぶ ぶり大根 みそ漬け りゅうきゅう アイゴ アイナメ アオリイカ アカエイ アカエビ アカカマス アカガイ アカニシ アコウ アジ アスパラガス アナゴ アヒージョ イイダコ イカナゴ イカ墨スパゲティ イタヤガイ イボダイ イリコ イリコ出汁 インターンシップ ウマヅラハギ ウミタナゴ ウルメイワシ エビ エビ類 オイル漬け オコゼ オニオコゼ オニテッポウエビ オリーブぶり オリーブハマチ オリーブハマチうどん オリーブハマチうどんキャンペーン オリーブマダイ カキ カキうどん カキ天 カキ汁 カキ焼 カキ飯 カサゴ カタクチイワシ カタクチイワシの塩辛 カツオ カミナリイカ カメノテ カレーうどん カワハギ ガザミ ガンゾウ キジハタ キス キチヌ キメンガニ キュウセン クニマス クマエビ クルマエビ クロダイ ゲタ コイチ コウイカ コウライアカシタビラメ コノシロ サザエ サヨリ サルエビ サワラ シタビラメ シマイサキ シマウシノシタ シャコ シロギス スズキ セトウシノシタ タイラギ タケノコメバル タコ タコ焼き タチウオ タマガンゾウビラメ チョウザメ チリメン チリメンジャコ チリメンモンスター チワラスボ ツメナガオニテッポウエビ テナガダコ テナガテッポウエビ テンジクダイ デビラ トラエビ トラフグ ニベ ネブト ノリ ハマチ ハマチの漬け ハモ パスタ パッチ網 パッチ網漁業 ヒトエグサ ヒラメ ファストフィッシュ フィーレ ブリ プランクトン ヘイケガニ ヘダイ ボラ マアジ マガキ マコガレイ マダイ マダコ マダコの卵 マナガツオ マルアジ ムニエル メバル ヤマトカマス ワカメ 三杯酢 仁尾町漁協 伊吹いりこ 佃煮 出港式 加工品 吉野打ち 四海漁協おいしいハモをとどけ隊 地魚 地魚料理 増殖礁 大使PR 天勝 子イカ 小エビ 小豆島 島鱧 小豆島オリーブサーモン 小豆島島鱧 市場 干物 庵治 揚げ物 放魚祭 新規就業者 昆布 朝市 水族館 池田 海ごみ 海苔 海鮮丼 源平ハーブサーモン 漁師になりたい 漁業塾 漁業士 瀬戸内サーモン 瀬戸内海機船船びき網 瀬戸内海歴史民俗資料館 焼ガキ 玉筋魚 珍味 生シラス 県産ハマチ 稚魚放流 糸より姫 試食 調査 讃岐うどん 讃岐さーもん 讃岐でんぷく 貝柱 郷土料理 釣り 青壮年部 食育教室 養殖うなぎ 首都圏 香川おさかな大使 香川のハマチペーパークラフト 香川丸 香川県 香川県の水生生物 高知県 魚卵 鯛めし

讃岐のサワラはどのように流通・消費されたのか

2017/11/20 08:00
江戸時代から大正、昭和前期頃まで、タイ、サワラ、イワシが香川の主要な魚であった。いずれも一度に、あるいは短期間にたくさんとれる魚であるが、どのように流通・消費されてたのであろうか。 資料を調べると、タイは、江戸時代から活魚で大阪方面へ運ばれていたことが知られ、イワシは、江戸時代はおそらく素干しにして肥料、明治中頃以降はほとんどが煮干しに加工されていた。 では、サワラはどのように流通・消費されたのだろうか?  明治時代の魚種別の生産額割合(明治28~44年の平均..

続きを読む

もっと見る