第8回かがわ農業フェア

 今年も綾川町にございます農業試験場にて「かがわ農業フェア」が開催されました。ワタクシたち「おさかな課」も毎年参加しているワケでございます。というコトで絶好の秋晴れ、早速のオープニングでございます。
1オープニング.jpg

 今年も農業フェアにきてくれましたのは「農業経営高校 拓心太鼓」でございます。重低音の太鼓の音が腹に響きます!大迫力でございます。2農業経営高校 拓心太鼓.jpg

 では、あっちこっちのブースを見て回りたいと思います。まずはコレ!!この煙!この匂い!ずるい!皆さん買うに決まってる!そんな豚串でございます。ツケダレが焦げる香りがたまりません!全店で最初に完売していました(そりゃそうでしょうね)。3豚串.jpg

 続きましてコチラ!オリーブ牛の試食!美味いに決まってる!一番人気でございます。すごい!長蛇の列でございます。4オリーブ牛の試食.jpg

 今年はこんなのもありました。未来的なマシーンでございます。農業用ドローンとのことですがデザインがすごい!プロペラはカーボンファイバーでしょうか?こういうものも展示される時代が訪れたワケですね~。5農業用ドローン.jpg

 我らおさかな関係はといいますと。コチラ!県漁連の販売ブースでございます。イリコなど乾物を中心に販売していましたよ~(残念ながらほぼ露天での鮮魚等の販売はできませんので。)。6県漁連のイリコ販売.jpg

 そして「おさかな課」がお届けするのがコチラ!オリーブハマチの試食でございます。毎年多くの方にご好評を得ておりまして、今年もこのとおり!最後尾が画像に収まらないぐらいの人気でございます(オリーブ牛には負けますが…)。7オリーブはまちの試食.jpg

 「おさかな試験場」からも種苗生産しているヒラメ、クルマエビ、キジハタなどの展示がありました。ちょっとした水族館ですね。子供達は動く生き物が大好きのようです。8おさか試験場の展示.jpg

 今回の「おさかな試験場」の出展でイチオシは何かな~って担当者に聞きますと。「コレ!コレです!」「うーん?何かな?石庭か?」「違います!!よ~く見てください!石のすきまに隠れてますから!」というワケで、担当者が発泡スチロールの容器を揺すりますと…。「オーっ!!コレは?!」「ニジマスのふ化仔魚ですよ!」というワケで、独立行政法人水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所屋島庁舎(超ながい…)の協力を得まして登場しましたニジマスってことでございます。よく見れば「さいのう」というオレンジ色のお腹の様子が特徴的ですね。9ニジマスふ化し魚.jpg

 ニジマスは淡水魚でございますが、ある程度の大きさの時に海へと飼育場所をかえますと、とっても成長がよくなるって寸法でございます。皆様すでに食べたことがあるかもしれませんが、いわゆる「トラウトサーモン」ってヤツでございまして、うどん県では、「讃岐さーもん」などなどが生産されているワケでございます。
それにしても今年はなんだか、お客様の引けが早くて、ほぼ午前中で静かなエンディングを迎えました。やっぱり『祝賀御列の儀』という日本国民にとりまして大切な日だったからでしょうか。
ともあれ来年も開催予定ということでございますので、皆様方!来年の11月は是非とも農業試験場にお越しください。もちろん新鮮お野菜も格安ですよ~!!

ヒラメ太郎EpisodeⅡ

"第8回かがわ農業フェア"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: