珍味中の珍味などなど

 というワケで、今回はワタクシの出身大学のOB会ということで、美味しいものをたくさん食べましたので、ご紹介いたしたいと思います。時は3月中旬、場所は時々お邪魔する「なか渓」でございます。
 まずはビールをたのみまして、皆様準備ができましたところで、かんぱ~い!ゴクッと喉を潤しまして、お楽しみのお料理でございます。
 まずは「先付け」ってことで、アレっ!?梅肉がのっていますねぇ。今の季節のハモでしょうか??冬のハモはまた格別との話も聞いていましたが、ハモほどに白さはなく、少しピンク色…。
1先付け.jpg
 なんだかわかんないので、クルリと返してみますと銀色の皮に黒い点…コレは!!
2鮗おとし 梅肉.jpg
 そう鮗(コノシロ)でした。「鮗おとし」ってことで、これは予想外ですね!
 続きまして「前菜」でございます。
3前菜.jpg
 この中に珍味中の珍味が2品あるワケでございますが、皆様はもう見つけちゃったでしょうか。
 一つは菜種色煮白酢掛けと梅花玉子の間にありますのが長崎あたりで有名なあの「からすみ」でございます。中條店主によりますと「うどん県ではボラの卵が張っているのは今までに見たことがなかったけど、1尾だけ張っているのがあったから、からすみを作ってみた。」とのことです。今夜はなんとラッキー!多分調べるとビックリするようなお値段だと思いますが、今回はやめておきます。
 もう一つがコチラ!
4火取り此の子.jpg
 皆様なんだかおわかりでしょうか?答えは「此の子」、三味線の「ばち」に似ていることから別名「ばち子」でございます。ワタクシ人生で初めて口にするワケでございます。実は2月中旬に、「なか渓」のフェイスブックを見ておりますと、「この時期、ナマコの卵巣が張ってきますので大量に仕入れ、ばち子を作ります。」っていうのがありましたが、今回登場するとは思ってもみませんでした。かなり濃い目の珍味らしい味を想像していたのですが、まったく逆!とっても優しい感じのお味で、上品な味わいでございました。ホント日本酒に合う!って感じです。
 続きまして「煮物代り」ってことでございます。
5しゃぶしゃぶ.jpg
 「しゃぶしゃぶ」でございます。この時期とても美味しいチヌ、蛸、若芽、茎若芽が入っています。自家製ポン酢でいただきますと、もうタコの吸盤のコリコリ感はクセになっちゃいます。そして「焼き物」は「めばる化粧焼き」ってことでございます。
6めばる化粧焼き.jpg
 矢車金柑、酢取り茗荷、超新竹の子の照り焼きなど家庭では食べられないものが添えられております。春ですねぇ。他にも吸い物、造り、蒸し物、油物、酢の物、飯物、水菓子とご紹介しきれないほどの「仕事」を堪能させていただきました。プロの味、仕事を見させていただくことはとても刺激になります。ワタクシの場合、到底足元にも及びませんが、一歩でも近づいていこうというチャレンジ精神で、今年度も「なおさかなライフ」を楽しんでいきたいと思います。

ヒラメ太郎EpisodeⅡ

"珍味中の珍味などなど"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: