市場調査-8月③引田漁協市場

 こんにちは、播磨守 太郎です。今回は、定置網や底びき網でヤマトカマスの漁獲が多めだったので、カマスについて紹介します。
P8211285.JPG
 香川県内で漁獲されるカマスは、主にアカカマスとヤマトカマスの2種類です。
 アカは「かます」や「ほんかます」、ヤマトは「みずかます」や「みずばり」と呼ばれ、たいていは市場でも区別して扱われています。この呼ばれ方のとおり、ヤマトはアカより脂が少なく、水っぽい身質です。
 今日はアカが少ないようで、なんとか1尾見つけ、両方を並べて撮影できました。上がアカ、下がヤマトです。
P8211288.JPG
 どちらも大きい目の先に突き出した口があって鋭い歯が見え、バラクーダを思わせますが、見分けるポイントは、
背中の色:アカは茶色がかる、ヤマトは青みがかる、
ひれの色:アカは黄色味が強い、ヤマトはわずかに黄色味がかる、
腹びれの位置:(写真ではわかりにくいですが)アカは背びれより前、ヤマトは背びれのほぼ真下 
といったところです。私は、腹びれの位置が最も確実のような気がします。
 両種とも、漁獲量は夏から秋にかけて多くなります。アジなどより水分が多いので、煮付けには不向きです。塩焼き、一夜干し、フライなどでどうぞ。

文責  播磨守 太郎

"市場調査-8月③引田漁協市場"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: