メバルの出産?!

「眼が張る魚=メバル」。見た目から名前が付いた年間通しておいしい魚です。そんなメバルの雌は今、出産準備に入っています。実は、メバルは「卵胎生(らんたいせい)」といって、雌のお腹の中で卵がふ化し、6mmくらいの仔魚(魚の赤ちゃん)を産むんです。 水産試験場で育てているお腹が大きく張った雌の写真がこちら(体重が300gほどもある立派な雌)。いよいよその時が来るか、と毎日ドキドキしながら水槽をの…

続きを読む

イカナゴ調査-底びき網編-

資源調査、おさかな試験場の重要な任務のひとつです。 私はイカナゴを担当しているので、定期的にイカナゴ採集調査に出かけます。 小型底びき網の漁師さんにご協力いただいて、夜の底びき網調査です。 この調査は今年で3年目。間口3mの小さな網ですが,なぜか大物が獲れたのでご報告します。 網を上げる時が一番わくわくします。 下の写真はいつもの漁獲物。小さなものが主体です。 …

続きを読む

サワラの季節がやって来た 今年も調査始動

 こんにちは、播磨守 太郎です。  このブログで普段は、市場調査ということで、市場で目についたお魚の紹介をさせてもらっておりますが、実は、サワラに関する調査というのが私の主要な仕事の一つです。  具体的に何をやっているのか。主に3つあります。 1.市場調査(サワラ狙い):市場に出向いて魚体の大きさを測る。 2.サンプル調査:サンプルを入手して、大きさ、成熟の程度、胃内容物(餌の種類)、年…

続きを読む