オフシーズンの仕事(続き)

 前回のブログの続きです。養殖業者さんが行っている養殖漁場の海底耕うんに合わせて、地元漁協さんと一緒に底質環境の調査を行いました。海底耕うん前後の底質環境を比較するのが目的です。  底質を採集する器具を「採泥器(さいでいき)」といいます。写真の採泥器は、左右に開いている採取部を海底上で閉じ、底質をつかみ取る方式のものです。  採泥器を海底上にまっすぐに落とすのが上手に泥を取る…

続きを読む

オフシーズンの仕事

 うどん県でのハマチやタイの養殖は、4月に魚を搬入し、翌1月までの間に出荷を終えます。オフシーズンの今、養殖の漁師さんはどんな仕事をしているのでしょう?  こちらは陸上に揚げた小割生簀。こうやって見ると大きいですね。海中に1年近くおいているので、貝やフジツボ、海藻などが付着してしまいます。魚の出荷が終わると陸に揚げ、風雨にさらして汚れを落としやすくします。  鉄枠、網、フロー…

続きを読む

冬の海の上では ~ノリ養殖最盛期!

 この時期、海を眺めるといつもと少し違った風景が目に入ります。  これはうどん県庁から高松沖を眺めた風景です。よく見ると、海面に長方形のじゅうたんを敷いたようなものや、たくさんの白い球が浮かんでいるのが見えます。実はこれ、ノリ養殖の施設でして、じゅうたんはノリを生やしている網(「ノリ網」といいます)、白い球は、ノリ網が沈まないようにするための浮きです。  ノリ網は、海水温が18℃前後に下…

続きを読む