かがわ漁業後継者対策研修会に参加しました

 全国で漁業者が減少、高齢化しており水産団体は後継者対策を重要課題に挙げて解決に取り組んでいます。

 うどん県では、その対策として、漁業就業希望者を対象に必要な知識、技術を研修するかがわ漁業塾により就業から定着までサポートする制度を設けて、たくさんの漁業塾生が漁業就業してきました。

 今年度からは、漁業経営者を対象に後継者対策を行い、新規就業者の受け皿を増やす取組をしています。

 このたび、株式会社後継者の学校 代表取締役 大川原 基剛(おおかわら のりたか)先生が漁業経営者、後継者を対象に後継者対策の研修会が開催されましたので参加しました。

大川原先生.jpg

 大川原先生は事業承継の専門家で、後継者支援の専門学校である株式会社後継者の学校で代表取締役を務められております。
 事業承継にかかるコンサルティング実績のほか、ライフプランニングから事業承継、経営発展等、幅広いテーマで全国各地において講演や派遣実績があります。
 研修会では、事業承継について~失敗する理由と、成功へ導くためのポイント~をテーマに、具体的な例を挙げて紹介していただきました。
 事業承継に失敗するいくつかのパターンについて、きっかけ、過程、結果をお話しいただき、経営者も後継者も覚悟をもつ大切さについて漁業者に訴えておりました。
 多くの失敗事例で、経営者も後継者も、何とかなる(してくれるだろう)、けんかすることはないだろうとの思いから具体的な話し合いがなく事業承継し業績が悪くなるようです。
質疑応答.jpg
 質疑応答では、経営者が後継者に意識を持たせるためのきっかけづくりや後継者対策について熱心な問い合わせがあり、アンケートでは、もっと具体的な話が聞きたい、覚悟を持ちたいなどの前向きな意見がたくさんありました。

 うどん県ではこれまで後継者対策をテーマにした研修はありませんが、たくさんの参加者があり、後継者対策についてもっと勉強したいとの意見が多くあったことから、漁業者にとって非常に関心の高いテーマであることを知りました。

 今後もうどん県の漁業が持続、発展していくよう後継者対策、事業承継対策について考える機会を作っていきたいと考えています。

文責 アイアンソルジャー

この記事へのコメント