元漁業塾生頑張ってます!

 昨年10月にかがわ漁業塾を修了した元漁業塾生が引き続き研修を頑張っています。
 取材に行った当日は、風が強く、みぞれも降っている状況ですが、寒さに耐えて作業していました。
 寒い日のつらい水作業も経験して、一人前の漁師に育っていただきたいと思います。

 この日は、養殖わかめの収穫作業の研修をしていました。指導者の指示のもと、わかめがついたロープを寄せています。
 11月頃に養殖を始めて、1.5メートルほどに成長し、ロープ1本で100キロ程度の重さになっているそうです。
1収穫.JPG
 海で育っているわかめは褐色で、湯通しをすることで皆さんがよく知っている緑色に変化します。
2収穫したワカメ.JPG
 生のわかめは2~3日ですぐに溶けてしまうので、お店で直ちに湯通しされ緑色に変化します。このため、消費地のスーパーなどでは緑色のわかめが販売されています。
 生産地のうどん県は収穫してすぐのワカメを販売することができるので、今の時期から春先まで、お店には褐色のわかめが並んでいます。
 生わかめが購入できれば、しゃぶしゃぶがおすすめです。湯に通せば、さっと緑色に変化して見た目も楽しめますよ。
4収穫したワカメ.JPG
 うどん県は年間を通じて旬の水産物があり、漁師さんたちも旬の水産物の収穫にあわせて漁業方法を変えていきます。
 陸上に比べて夏は非常に暑く、冬は非常に寒い中での作業になります。それ以外にも、予期せぬトラブルがあり、大変だと思いますが、かがわ漁業塾では、ベテラン漁師による現地指導により不安を払しょくできます。

 現在、来年度のかがわ漁業塾生を募集しています。申し込みは2月10日まで!
 うどん県で漁師になりたい方は、ぜひご覧ください。

文責:アイアンソルジャー

この記事へのコメント