今度は予定外のハモのご紹介でございます。


と言いますのも、またまた「こんなことがあっていいのでしょうか?」という思いから出発しておりまして、とあるスーパーマーケットにお仕事帰りによりますと、あまり見たことがない形態で販売されておりますコチラのお魚…
1ぐるぐるのハモ .jpg
 ハモですね。ビニール袋の中にぐるりんこ、と入れられております。
2ぐるぐるのハモ 半額引.jpg
 しかも、298円。「にーきゅっぱっ」でございます。安くないですか、そのうえ「表示価格より半額引になります」シール付き。更にこの状態のものが4本売られているワケでございます。もうこればワタクシが買うしかありません!通常買わないと思います。というワケで4本のうちどれにしようか悩んでいますと…そう言えば過去に中條プロからハモの選び方を聞いたような…。鮮魚売り場でスマホを取り出しまして、うどん県、おさかな情報、ハモなどなど入力しまして検索ポチっ。ありました!「今が旬!香川県のハモ(鱧)EpisodeⅤ 料亭の客層」コチラに!というワケで『中條プロ「青!」、「赤いハモは全部メスや。オスは青い!」、「秋の赤いハモは産卵でやせてる。」』というくだりがありまして、青いハモを選ぶことに。4本をかわるがわる手に取ってみますと…なるほど赤っぽいのと青っぽいのが2本ずつありますねぇ。で、ワタクシが青の細いほうを選んだワケでございます。後の3本も売れているといいのですが…。
3ハモ.jpg
 袋から出してみますと、長さのわりに結構太いですよね。
4ハモ危険部位除去.jpg
キチンと危ない歯の部分は取り除いていただいています。こういう処理をしていただいていると非常にありがたいですね。スーパーの鮮魚担当の方に感謝!でございます。
 ではさっそくお腹を開けてみますと、
5ハモ内蔵.jpg
どうやら雄のようでして、精巣は収縮している感じでございます。産卵期は終わってるってことですね(上の長いほうは浮袋です)。後は先ほど紹介いたしました過去記事の要領でハモを捌いていきまして
6ハモのヒレ抜き.jpg
 ヒレも抜くことができました。
7ハモ骨切り.jpg
 最難関の骨切!ハイ!こんな感じです。素人料理のワリにはまぁまぁじゃないでしょうか?
8ハモの湯引き.jpg
 で、スタンダードに湯引き。素直にハモのおいしさを楽しめますよ~。
9ハモのかば焼き風.jpg
 そして、かば焼き風でございます。濃いめ、甘めのお味でお酒やごはんに合いますねぇ~。
というワケで再度のお願いでございます。皆様方も是非、お安いお魚を発見されましたら愛の手を差しのべていただくようお願いいたします。
 
ヒラメ太郎EpisodeⅡ

この記事へのコメント