エビ香る担々麺風まぜそば

プロテインは学生時代、中華料理店でアルバイトをしていました。
その時に、コックさんが賄いで出してくれてた担々麺のおいしさを今でも時々思い出します。
担々麺が食べたくなったけど、最近気温が高く夏バテ気味なので冷やし麺でいきます。

スーパーで小エビが半額になっていたので、これも使っていきます。
小エビパック.jpg
まず、小エビをよく洗います。
洗い終わったら、ザルに上げて水気をよく切ります。
小エビざる.jpg
鍋に小エビを入れて、油を注ぎ、極弱火で熱していきます。
えび油作成中.jpg
その間に、自家製ラー油を作ります。鷹の爪を刻み、耐熱容器に入れてその上から熱した油をかけます。
鷹の爪 刻み中.jpg
鷹の爪刻み.jpg
これだけでラー油の完成です。
ビンの空き容器に移していつでも使えるように保存しておきます。
ラー油.jpg
次に、擦ったいりごまをフライパンに入れ、油と水を加えて伸ばし、ごまペーストを作ります。
ごますり.jpg
ごまペースト.jpg
熱していた小エビの色が赤く変わったので、油だけを空き瓶に移します。えび油の完成です。

えび油.jpg
最後に、チンゲン菜と中華麺を湯がきます。
中華麺は湯がき終わると流水でヌメリを取ります。ザルでしっかり水気をとり、器にもりつけます。
麺ヌメリとり.jpg
タレは、豆板醤、甜麺醤、鶏ガラスープ、塩コショウ、醤油、味の素、にんにく、しょうがを混ぜ合わせて作ります。分量は適当です。
辛いのが好きな人は豆板醤多め、甘いのが好きな人は甜麺醤多めで。
麺の上にタレ、ごまペースト、自家製ラー油、えび油をかけ、白髪ねぎとえび油をつくるのに使った小エビ(素揚げ)をトッピングして完成。
完成写真.jpg
ごまペーストとタレを麺によく絡めていただきます。
ラー油、小エビ、ごまの香りがひろがりとても美味しい。

余ったえび油を使って次は魚介チャーハン作ります!
次の記事もぜひチェックしてください。

文責:プロテイン

この記事へのコメント