まなびCAN夏休みキッズチャレンジ

8月6日(木)にまなびCAN・生涯学習センター様の実習室にてノリの学習会を開催しました。
内容はノリの佃煮作成、試食およびノリ関する学習会です。

まずはノリの佃煮作成です。冷蔵庫や冷凍庫に保存していたノリが湿気てしまった場合に佃煮にすることで美味しく食べる事が出来ます(腐ったノリは食べられません)。
作成手順は簡単で、ノリを細かく刻み、醤油などの調味料を加え、水気が飛ぶまで混ぜながら加熱すれば完成です。
ワンポイントとして、刻んだエノキを調味料と同じタイミングで加え一緒に加熱する事で、エノキの旨味が出てより美味しい佃煮になります。
1.佃煮調理.JPG

佃煮を冷ましている間に、香川おさかな大使がノリの養殖の過程や歴史について説明してくれました。
2.講義(大使).JPG

水産振興協会からはノリの栄養などについて説明があり、その後美味しい焼きノリの焼き方を実演してくれました。
今回はカセットコンロでノリを焼いたのですが、炎から発生する水蒸気により、綺麗にノリを焼くのが難しくなります。
そこで、ノリを炎の間に金網を置く事で、水蒸気がノリに当たる事を防いでくれます。
また、ノリには表(ツルツル)と裏(ざらざら)があり、裏は凸凹して均一に焼く事が難しいので、2枚の裏面を合わせて表のみを焼くことで、ムラなく美味しく焼くことが出来ます。
3.焼きのり.JPG

最後に佃煮の試食です。あったかいご飯との組み合わせは最高です。
4.試食配布.JPG

今回作った佃煮は焼きノリ、味付けノリ、どちらでも作ることが出来るので、湿気て捨ててしまう様なノリがご自宅にあれば、是非試してみてください。

文責:オリジャク

この記事へのコメント