土曜の丑の日はウナギを!

 昨日(令和2年7月21日)は、土曜の丑の日。チラシやテレビで「土曜の丑の日はウナギを食べましょう!」と宣伝されていましたね。

 土曜の丑の日にウナギを食べようと提案したのは、うどん県さぬき市出身で、江戸時代に活躍した発明家・作家などたくさんの肩書を持つ平賀源内といわれています。

 ということで、東かがわ市で育ったウナギのかば焼きを購入。
ブログ用.jpg

 写真では分かりにくいですが・・・超ビッグサイズです。タレをつけずとも濃厚な味わいを楽しめました。
 最初一人で1尾まるごと食べる予定でしたが、途中でお腹いっぱいになって断念。
 今日の晩御飯もウナギを楽しみます!

東かがわ市のウナギの養殖場の周りには、田んぼや用水路がいっぱいで、今では見ることが少なくなったトノサマガエル、メダカをはじめ、亀やアメンボなどたくさんの生き物が住んでいました。
 このような豊かな環境の中で育ったうどん県のウナギはとてもおいしく味わえますよ!
 土曜の丑以外の日もウナギはいかがでしょうか?

文責:アイアンソルジャー

この記事へのコメント