キュウセンの塩焼き

おさかな系職員あるある。
光に集まる虫の様に,対面鮮魚コーナーに吸い寄せられていく。
おはようございます。メガネウオです。

対面鮮魚コーナーでカラフルなお魚が売られていたので買ってきました。

なんでしょうねえ。
P1040804.jpg

キュウセンですね。
香川県では「ベラ」「べロコ」「ギザミ」と呼ばれています。
キュウセンは雌性先熟のお魚です。若い時はメスで,大きくなるとオスに性転換します。
私は一番大きいサイズのキュウセンを,対面鮮魚コーナーで選択して買いました。
これはオスですね。
P1040805.jpg

なんだか“悟り”を開いた様なつぶらな“瞳”をしていますね。
P1040806.jpg

キュウセン等のベラ類のお魚は大抵,鱗をとらなくても
塩焼きにしたら鱗がきれいにぺりぺり剥がれるので,
鱗は取らなくてもOKです(鱗を除いて皮を味わうのもアリとは思います)。
多めに塩を塗りたくっていきます。ここでは鱗を残しているので塩辛くはなりません。
P1040809.jpg

出来た!
P1040811.jpg

ちょっと汚いですがこんな感じで鱗と皮が剥がれます。
P1040812.jpg
P1040813.jpg

ぱっと見熱帯魚みたいですが,味はかなりよく,ふっくらとした上品な肉質です。
一般に,環境に恵まれた瀬戸内海ではキュウセンの味が上質と言われています。
ふっくら美味しい香川県のキュウセンを是非ご賞味ください。

文責 メガネウオ

この記事へのコメント