わかめ採集

鎌を片手に港を彷徨く不審者,メガネウオです。

と,いうわけでわかめ採集の季節がやってまいりました。

潮汐表を確認し,干潮時刻になったら,わかめ漁業権の設定されていない港にGO。

1040335_copy_640x481.jpg

わかめGET

1040336_copy_640x481.jpg
1040337_copy_640x481.jpg
私はこの“めかぶ”部分が特に好きです。
めかぶ部分だけ切り取って塩ゆでし,みじん切りにします。
1040344_copy_640x481.jpg1040345_copy_640x481.jpg
最高のねばねば。ポン酢をかけて食しました。これが無料で食べられるなんて海の恵みに感謝しかありません。

残った部分は,濃いめの塩水でゆでていきます。
1040350_copy_640x481.jpg1040352_copy_640x481.jpg
美しい緑色に変わりました。
茎の部分だけ千切りにし,佃煮にします。
1040353_copy_640x481.jpg1040355_copy_640x481.jpg1040359_copy_640x481.jpg
肝心の完成品がぶれていますが,美味しく出来上がりました。
私は,これを納豆ごはんに入れて食べるのが好きです。

1040357_copy_640x852.jpg1040358_copy_640x852.jpg
残りの茎と葉の部分は,出来るだけ水を絞って干してパリパリに乾燥させ、葉の部分を切って保存しています(自己流)。
こちらはスープなどに入れて食べるつもりです。

参考ですが、とある漁協の話によると

わかめを刈ってくる。→海水で茹でる→海水の冷水にくぐらす→冷まして、芯抜きをして、塩をまぶす(わかめ量の3割の塩)→大きなタンクに入れて、重石をして水分を抜く→手にわかめを握って水がつかない位水分を抜いた後で、不良品をのぞいたら完成。

というやり方で塩わかめを作っているとのことでした。

この様に,水産物には特定の天然物を採集できるという特徴があります。※

海の恵みをうまく活用する習慣がつけば,水産物を食べる習慣が付き,
水産物の消費量も上がるのではないかと私は考えます。
皆様ぜひ海の生き物を有効活用しましょう。

※漁業権が設定されている海域がありますのでご注意ください。

文責:メガネウオ



この記事へのコメント