覆面おさかな審査員 目痛華麗は見た!其の四 カキの件でお邪魔します

 どうも約半年ぶりになります。おさかな課OB、自称:覆面おさかな審査員の目痛華麗です。
今回は長居しないで、簡潔に6行で「うどん県産カキ食べ歩き」の報告をさせて頂きます。
おさかな課の方から、今シーズンの県産カキは、概ね順調との情報をいただいていたので、生産の最盛期となる1月下旬から2月上旬がくるのを、昨年末から待ちわびていました。
カキ焼は、私にとってイベント感覚で楽しめる冬季限定のプレミアム行事です。新年においしいカキをたらふく食べて、1年間の英気を養います。大粒でぷりぷりのマガキ、殻ごと焼いても、てんぷら、牡蠣飯、おでんにしても最高です。うどん県産カキを味わえるのは今しかありません。皆様もぜひ、お試しください。

【さぬき市志度のカキ焼き】
カキ小屋の窓からは、瀬戸内海(志度湾)が一望できます。カキ焼き以外のカキ料理も豪華。みんなでわいわいガヤガヤ、極上のお食事会となりました。
志度湾.jpg志度カキ焼き.jpg志度料理.jpg

【高松市牟礼のカキ焼き】
カキを専用鉄板にスコップで搬入。カキ焼きの醍醐味ここにあり。漁師直伝の素朴な牡蠣飯、
カキの味噌汁に舌鼓。カキを味わえる幸せに感謝です。
カキ焼き(牟礼).jpgカキ飯.jpg

【高松街中商店街 おでん屋さんのカキ】
今日のおすすめメニューに「かきおでん」を発見、果物のカキか魚介のカキか????でしたが、
出てきたおでんは、魚介のカキでした。ユズとのコラボ最高です。カキ(魚介)×カキ(果物)のカキ尽くしおでんセット希望します。
カキおでん.jpg

今回のエンドロール
 ♪ だいすき ♪   岡村 靖幸

この記事へのコメント