ガザミを食べてきました!

 県内にある官民関係の支店、支所の代表者等で組織した「香るさかなの会」の会員の皆さんが楽しみにしているイベントに、新春緊急企画「ワタリガニ賞味会」があります。毎年、緊急企画となっているのは、大の大人がおなか一杯になれるくらいの大きなガザミをたくさん揃える必要があり、ぎりぎりまで開催できるか判断できないためです。
 今年は無事開催されましたので、賞味会をレポートします。

 まずはガザミの紹介です。
 うどん県に面する瀬戸内海は全国でも最大のガザミの漁場です。また、瀬戸内海で獲られたガザミは身が詰まっているので高値で取引されています。足の先がひれの形をしていて、海を泳ぎまわることから「わたりがに」とも呼ばれています。
ガザミ(64)3.jpg

1ガザミ.jpg
 手のひらを大きく上回る、身がたっぷり詰まったガザミ!
2皿からはみ出る.jpg
 皿からはみ出るこのサイズ!

 去年の経験を思い出しながら、ふんどしを向いてスタート!
和気あいあいとしながらもだんだん集中して会話が少なくなっていきます・・・・

続いて殻をむくと・・・
3殻とったところ.jpg
 ラッキー!「かにみそ」と「内子」がたっぷり!身もたくさん詰まっています!
4身がたっぷり.jpg
 約1時間半程度、休むことなくガザミを頂きました。今は、このような大きなガザミがお店に出ることはめったにないと思いますが、徐々に増えてきて、緊急企画にも関わらず、2年連続で開催することができました。うどん県のたくさんの皆さんに味わっていただくためにも引き続き行政、漁業関係の皆様と連携してガザミが増える取組みを進めてまいります。
 ガザミ以外にもうどん県でしか食べられない、うどん県だから気軽に食べられるおさかなはたくさんあります。ぜひお店や飲食店で探してみてくださいね。

文責:アイアンソルジャー

この記事へのコメント