海苔親子教室in財田幼稚園

 海苔親子教室を開催するため三豊市財田幼稚園に来ました。
一般社団法人香川県水産振興協会の担当者と一緒に3歳児、4歳児、5歳児の親子を対象に香川県産海苔を使った「おにぎらず」作りを体験してもらいました。
 先ず、水産振興協会の担当者から、保護者の方を対象に「海苔の栄養と美味しい食べ方」について講話をしてもらいました。
説明.JPG

「おにぎらず」作りの実演では、具材の配置や作り方のコツなどを教えてもらいました。

振興協会実演.JPG

その後、各教室に分かれて、各自が持ってきた好きな具材を入れて「おにぎらず」作りを体験しました。
作成中.JPG

作成中2.JPG
お昼には幼稚園の給食と一緒に「おにぎらず」の試食と意見交換を行いました。
メニュー.JPGいただきます.JPGいただきます2.JPG
 参加者は「おにぎらずは簡単にできる。家でも作ってみたい。」と体験を楽しんでいました。
初摘み海苔の販売が始まっています。香川県産のおいしい海苔を是非食べてみてください。


 講話の内容
・国内では18府県(宮城県、千葉県、神奈川県、愛知県、三重県、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、福岡県、佐賀県、熊本県、長崎県、大分県、鹿児島県)で海苔が栽培されており、香川県は全国7位の量を生産しています。
・海苔は、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸の旨味成分全てを含む唯一の自然食品です。焼くことによって海苔の旨味成分は数倍に増加します。
・海苔を養殖すると、海水中の窒素やリンが除去されることで海の浄化ができ、酸素も供給されます。
・近年の海苔養殖では、栄養塩の不足による色落ち、魚などによる食害が問題となっています。
・米食からパン食が多くなる「食の洋食化」による海苔離れや、消費者が安い物を求めるため低品質の安い海苔が出回ることで、海苔の美味しさを知っている人が減少し、消費量が減少しています。


お知らせ
2月2日(日)12時からイオン高松店で「新ノリ祭り」が開催されます。
小学生以下とその保護者を対象に12mのジャンボ恵方巻き体験コーナーや焼き海苔試食などのイベントも行います。香川県産の新海苔の販売も行いますのでお立ち寄りください。
新ノリ祭りチラシ.jpg

文責:シン

この記事へのコメント