マアジが釣れるとのウワサが

 スタッフのヒロから「坂出でマアジが釣れ始めました。」との一報を受けまして、ワタクシもと思いましたが、チョット遠いので、高松港へ出かけました。1マアジ.jpg

 今回のマアジですが、坂出のマアジよりサイズが小さいようですし、たったの7尾ですので干物にして食べることにいたしました。
まずはゼンゴを取らなければいけませんね。このゼンゴの非常に硬く、かなりチクチクいたします。というワケで前方に向かってそーっゴシゴシ上下に動かしながら包丁を進めます。
2ゼンゴを取る.jpg

  昔テレビ番組でゼンゴを料理屋さんの新入りの方が処理していますと、ヨコから親方が「そんな切り方をしてたら、食べるところが無くなってしまうだろッ!!」て怒鳴ってるのを見てからワタクシ非常に慎重に処理することとしております。メッチャ怒られるから…。
3ゼンゴは端っこから包丁を入れる.jpg

 で、最近発見した事実なんですが、これまでは尾鰭の直前辺りの硬いところから包丁を入れていたのですが、実はもっと後ろの方、包丁で指している辺り、つまりゼンゴの始まりのところから包丁をいれますと、スーっと入れることができるのでございます。コレは簡単!!4包丁を後ろから前に入れる.jpg

 魚体の後ろの方から背骨に包丁を当てながら、背中の部分を切らずに残して三枚おろしの感じで進めてまいります。5頭の骨を真っ二つに.jpg

 エラのところまで切り進めましたら、お魚のお腹側を上にして、頭蓋骨を真っ二つ!!内臓、エラを取り除きまして、後は流水できれいに洗いまして、キッチンペーパーで水気を取り除きます。6振り塩.jpg

 そして、今回は数が少ないので、お塩をいい感じで全体的にパラパラパラパラパラパラパラパラっとかけまして、7干しカゴに入れて.jpg

 一日ぐらいでしょうか、干しカゴに入れておきますと、美味しい干物のできあがりでございます。注意点は今回みたいな小さいお魚は、あまり長い時間干すと水分が飛び過ぎちゃって、しっとり感が無くなっちゃうってコトでございます。

ヒラメ太郎EpisodeⅡ
 
 

この記事へのコメント