夏の終わりのマナガツオ

1マナガツオ.jpg

今回ご紹介するおさかなはコチラのマナガツオでございます。うどん県の夏のおさかなの代表選手でして、お値段もメダリストクラスでございます。
マナガツオのおさかなとしての行動や生態をワタクシよく知らなくって、食性も「クラゲを食べている」というウワサを信じているのみでございました。ところが、今回のマナガツオでございますが、おろしてまいりますと、胃の中がパンパンの様子でございます。コレは何を食べているか確かめるチャンスでございます。そして、その胃内容物がコチラ!
2マナガツオの胃内容物.jpg

 全部丸呑みでございます。きれいに原型をとどめています。見ていきますと、小イカ、エビ類、アミ類、ヒイラギ、マダイ?、カタクチイワシ、ハゼ類と様々。要するに、なんでも口に入る大きさの生き物を食べている様子でございます。
マナガツオの歯はU字型のカミソリのようで、切れ味抜群でございます。ワタクシはクラゲをスパっスパっと切るようにかじって食べていると思っていました。一方で、ほとんど水分のクラゲを食べているだけで成長できるものかと思っていましたが、やっと、謎が解けた思いでございます。クラゲも食べるのかもしれませんが、水分が多いのですぐに形がなくなるのかもしれませんね。後から聞いたお話ですが、高松沖でマナガツオ込まし網漁をしている漁師のBBさんは「クラゲなんか食べているのを見たことない。」と言われていたそうです。やっぱり現場の方はなんでも知っているワケでございます。というワケでマナガツオの調理に戻りたいと思います。まずは解体いたしまして、
3マナガツオ柵.jpg

 ずっと前に「なか渓」の中條プロに教えてもらった「タタキ」、コレにて皮のおいしさを楽しむべく、皮にそこそこの厚みの身を残しまして、炙ってみようというワケで………。
4マナガツオの皮.jpg

 見事失敗しまして、こんなに少しの部分しか身が残りませんでした。これに串をうって、炙りますと……、これまた失敗!!身が薄すぎて、火を通しますと串のところから身が割けてきましてクルリンこってなってしまいました。ちょっとやそっとでできるものでは無かったですね。
5マナガツオお刺身.jpg
 というワケで、マナガツオのお刺身と皮のクルリンこのできあがりでございます。クルリンこのお味の方は皮のおいしさを堪能できるものでしたよ~!ホントですよ~!負け惜しみではないですよ~!とは言え、失敗した感が非常に強く漂っていますので、もう一品。「こだわり次郎」さんに教えていただいた「簡単炙りの術」を実践いたします。これなら串を打たなくても大丈夫。すなわち、ガスコンロのグリルの網の上にマナガツオをセット、ガストーチでボワぁぁぁぁぁぁぁぁぁっと炙ればできあがり。冷蔵庫で冷えるまでしばし休憩(熱いうちに切ると皮が身からズルってとれちゃいます。サワラのたたきも同じですよ~。)。
6マナガツオのたたき.jpg

 ハイ!皆様ご存知の「カツオのたたき風のマナガツオのたたき」でございます。ポン酢をかけていただきますと、とてもおだやかな、優しいお味の「たたき」って感じでございました。
皆様方も失敗を恐れずに、「とりあえずやってみる」ってことで、おさかな達と戯れてみられてはいかがでしょうか。

ヒラメ太郎EpisodeⅡ

 
 

この記事へのコメント