優良建設工事表彰現地審査 その1

 本日は炎天下にて優良建設工事表彰のための現地審査会でございます。平成30年度に実施されました農政水産部所管の工事のうち、特に優れた施工をされた会社を表彰するために現地を回っていくワケでございます。審査の項目は品質管理、高度な技術力の活用や創意工夫、地域社会や住民に対する配慮を行って施工したかどうかを現地にて確認していくワケでございます。審査の内容については極秘中の極秘でございますので、今回は周辺情報と小ネタの提供でございます。1優良工事.jpg

 こんな感じで、ため池の堤体の工事が行われております。この堤体の部分はため池の「肝」の部分でございまして、ここが決壊しては…ってことで、うどん県では耐震化を進めているワケでございます。で、今回の小ネタでございますが、おさかな課のJoyFieldさんからの情報でございます。JoyFieldさんから「万が一ため池に落っこちたときに大切なこと。」ということで画像中の赤い矢印のトコロでございますが、水中部分にもコンクリートの出っ張りがありまして、被覆ブロックに斜め斜めに配置されているワケでございます。「もし、ため池に落っこちたら、ここにつかまって揚がってきてください。」との事でございます。池の上流側はドンドン浅くなって、そちらから揚がってきた方がいいように思うのですが…。「上流側は浅いのですが、底がドロドロで足を取られて抜け出せなくなる恐れがあります。」とのことです。コレは恐ろしい事態になりますよね。貴重な教訓を得ることができました。2洪水吐.jpg

 「もう一つ大事なコトがあります。」さてさて何でしょうか?「堤体の端に、洪水時に水を逃がす洪水吐には絶対近づかないコト!」とのことです。画像の部分が洪水吐でございまして、大量の水がため池に入ってきても堤体を超えないよう水を出しちゃって、堤体を守る部分でございます。画像をご覧の方はもうわかっちゃったかもしれませんが、なぜかはまた今度ということでお願いいたします。3溜.jpg

 ということで、昼食に向かうこととなりました。ワタクシたちおさかな課の職員はどうしても海沿い中心のお仕事をしていますので、なかなか内陸部のお店は知らないワケですが、さすが土地改良課や農村整備課の方は色々なお店を知ってワケでございます。途中の道もこの店がどの辺りにあるのかもワタクシにはまったくわかりませんが、さぬき市造田宮西っていうところにあるようです。看板がちょうど隠れちゃって、漢字一文字の店名のうち「たま」ぐらいまでしか読めませんね。スミマセン。とにかく大勢の方が並んでいるワケでございます。しかも暑い!ところが…。4客捌きがすごい.jpg

 お店の方の客捌きがすごいのなんのって、ものすごいスピードで注文に応じ、あっという間にお金を払うところまで…。ワタクシ初めてのお店は「かけうどん」と決めていますので「かけ大」と高らかに宣言し、トッピングはコレ!
5イイダコ天ぷらで.jpg

 この季節にイイダコ天ぷらがいただけるとは思いませんでした。しかも2匹刺し。うれしぃ~!そして、かけうどんのこの量!多い!しかもウマイ!大満足!!出汁も全部飲み干したいぐらい!(血圧を下げるお薬を飲んでいますので、全部は飲んじゃいけないので…。といいつつ…。)というワケであっという間に平らげまして、午後からの審査に備えるワケでございました。
普段ご一緒しない方とのお出かけは新たなお店との出会いもあるワケでございます。お外はチョット暑すぎの感もありますが、皆様方も暑さに負けず、うどん&お魚ライフをご堪能くださいませ。

ヒラメ太郎EpisodeⅡ

 

 

この記事へのコメント