チャレンジ!小エビのかき揚げ!

 というワケで三本松の小エビをゲットいたしましたので、初めてながら「かき揚げ」を作ってみたいと思います。
1三本松の小エビ.jpg

 ぱっと見はよくわからないかもしれませんが、三本松沖は播磨灘にございますので、高松前などの備讃瀬戸に較べまして泥場が多いということで、トラエビやアカエビの割合が多くなっています。
2小エビ3種.jpg
 こんな感じで、左からサルエビ、アカエビ、トラエビでございます。どこで見分けるのか?って興味がおありの方は以前にご紹介していますのでコチラをちょこっと見てみてください。ちなみにアカエビとトラエビは模様がかなり違いますよ~。
 3胴を取る.jpg
 で、今回は少し大きめの小エビ(変な書きぶりですね~。巨大な小惑星みたいな…。)でしたので胴を取り除きました。というのも小エビのトンガリがお口の中に刺さると大変でございますので。そして水洗いをしまして、お酒をフリフリしておきました。
4タマネギを切る.jpg
 タマネギはこんな感じで切りまして、
5あらかじめ小麦粉を.jpg
 こんな量でいいのかよくわかりませんが、小麦粉をあらかじめ振っておきました。そしてマゼマゼ。
6小エビだけのも.jpg
 さらに、小エビだけのかき揚げも作ってみようかということで、同じくフリフリ。マゼマゼ。
 7お玉を使って.jpg
 天ぷら粉に水と氷を加え、ざっくり混ぜまして、ベチョベチョと材料を混ぜまして、お玉を使って油にイン!
 8揚げる.jpg
 最初は勢いよく泡がでますが、そのうち落ち着いてきまして、カリッと揚がったような感じがしましたので、キッチンペーパーの上に回収。
お皿に盛りつけますと、
9小エビのかき揚げ.jpg
 はい、小エビとタマネギのかき揚げと小エビのかき揚げのできあがりでございます。最近は料理レシピもネットですぐに見つかりますので、皆様方も初めての魚種にチャレンジしていただき、美味しいお魚ライフをお楽しみくださいませ。

ヒラメ太郎EpisodeⅡ

 
 

この記事へのコメント