季節到来2

 というワケでお料理の続きでございます。
1柵.jpg

 こんな感じでスーパーなんかでは売っていると思います。コレをひっくり返しまして、
2骨を取る.jpg

 お腹のトコロはカット(塩をしてフライパンで焼くとグー)しまして、血合いのところに骨がありますので、上身と下身にカットします。下身は脂も程よくのっていますのでお刺身に、上身はタタキにして皮のおいしさを味わいたいと思います。
3皮をひく.jpg

 「サワラのお刺身は皮付きじゃなくては」と言う方は「皮あり」で、「チョット皮は固いので」という方は皮をひいてお召し上がりください。で、ココで重要なポイントをご紹介。「サワラは身と皮が柔らかいので、皮をひくときは、普通のお魚と違って、頭の方から包丁を入れる!!」とのことです(中條プロ談)。
4お刺身.jpg

 こんな感じで、皮ギリギリを攻めていきますと、赤のシマシマが現れるワケです。では続いて上身をタタキにしてまいりたいと思います。
5串をうつ.jpg

 串をこんな感じでうちまして、ガスコンロで炙ります。
5炙る.jpg

 ホントはガスバーナーを出せば良かったのですが面倒くさいので、ガスコンロで…。ですが、横着はすべきではありませんでしたね。炙り出してすぐにガスコンロが「安全装置が働きました。」というメッセージとともに火力を最弱にしてしまうのです。3口のコンロを巡回しまして、何とか焼けたかな?

6皮目をパリッと焼く.jpg

 こんな感じで皮目から脂がにじんで超美味そう!
7サワラのタタキ.jpg

いい感じでカットしましたら、ポン酢をかけて、超ウマイ!お好みでネギの小口切りなんてのを散らしましても、更にグー。でございます。

ヒラメ太郎EpisodeⅡ

この記事へのコメント