春の地魚

 現在、うどん県おさかな課は、毎日、県内外のあちこちで、讃岐さーもんのPR活動をしています。
 4月20日(土)は、ゆめタウン丸亀様で、10:30~と15:30~に香川おさかな大使の冨田さんが讃岐サーモンの試食配布を行います。
 ぜひご賞味くださいね!
0419冨田さん.JPG
 さて、うどん県庁の周りには、うどん屋さんはもちろんですが、お魚料理を味わえるお店もたくさんあります。
 本日の昼にお気に入りの定食屋さんに行くと、キスの天ぷら定食が販売されていたので、早速注文してみました。
 キスの天ぷら.jpeg
 うどん県産のキスは、もう少し暑くなれば、スーパーなどで並んでるでしょう。ということで、キスの天ぷらにかじりつきながら、ブログのネタを考えていたところ、そういえば、地魚の紹介をほとんどしていない!ということに気づき、初夏に近いこの時期ですが、春の地魚をご紹介します。

2サワラ.jpg
まずはサワラ。うどん県では、詳しい説明不要ですね。うどん県民の春にサワラは欠かせません。4月下旬の解禁後は、県内各地のお店でたくさんのサワラが並びます。今年の初セリは、4月22日です。セリ初日には、ご祝儀相場で高額でサワラが競り落とされています。また、サワラの解禁は、県内の新聞やテレビでたくさん報道されますので、皆さんも思わず買ってしまうのではないでしょうか。

1ナシフグ.jpg
続いてナシフグ。「讃岐でんぶく」と呼ばれ、全国でも、香川・岡山海域と有明海・橘湾海域の海域でしか漁獲できません。

5オコゼ.jpg
続いてオコゼ。以前は、漁獲量が少なく、超高級魚でしたが、漁業関係者による放流等の効果があり、現在は漁獲量が増え、スーパーにもたくさん並ぶようになりました。
 うどん県のスーパーでは、手軽に買える値段になっていますが、東京に行けばコース料理が数万円するそうですよ。こちらでは考えられないですね。高級魚がお手軽価格で食べられるのは、産地の役得ですね!

6コウイカ.jpg
 続いてコウイカ。甘味があってねっとりとした味わいで、うどん県内で多く漁獲される種類のイカです。

3イカナゴ.jpg
くぎ煮で有名なイカナゴ
 店頭に並ぶ時期は短いですが、うどん県内では、この時期あちこちでイカナゴの天ぷら定食が見られます。このブログでも今シーズンに、何回も登場していますね。
 イカナゴといえば、兵庫県の郷土料理「くぎ煮」が有名ですが、うどん県民もイカナゴをみつけると食べずにいられないのかもしれませんね。

 そのほか、店頭では、メバルやマダイなどたくさん並んでいますが、たくさんあって紹介しきれません。今、お店の鮮魚コーナーでは、春の地魚、養殖魚がたくさん並んでいます。今夜のおかずに悩んだら、まずは、鮮魚コーナーでおいしそうな魚を見つけてください!
 今週末は、20日(土)のゆめタウン丸亀様にお越しいただき、讃岐サーモンを味わって、日曜日用の地魚もみていくのはどうでしょう?
文責:アイアンソルジャー
 

この記事へのコメント