チョウザメの養殖場

「キャビア」は、トリュフ、フォアグラとともに「世界三大珍味」とされる高級食材です。キャビアは「チョウザメ」という魚の卵を塩漬けしたものです。

実は国内でトップクラスの規模をほこるチョウザメの養殖場がうどん県東かがわ市にあります。「つばさキャビアセンター」です。移転に伴い使われなくなった旧引田中学校の施設を利用し、地下水をくみ上げ、体育館の中に大きな水槽を設置して「ベステル」という養殖用の交配種を中心に飼育されています。


体育館の中でチョウザメが飼育されています
1_体育館.jpg

所狭しと水槽が設置されています
2_養殖水槽.jpg

元気に泳ぐチョウザメたち
3_元気に泳ぐチョウザメ.jpg

キャビア加工施設
4_キャビア加工施設.jpg

当センターでは、2013年から稚魚を養殖しています。ベステルは卵を持つまでに7年以上かかりますので、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年から本格的なキャビアの生産が始まります。その間の飼育管理は本当に大変なものがあり、スタッフの皆様には頭の下がる思いです。最高の国産キャビアの出荷に今から期待しています!

文責 おー山


この記事へのコメント