うどんトッピングツアー!~気遣い小エビ編~

ども、お久しぶりのヒロです。
暑い日が続いていますね。外で作業すると命にかかわりそうな暑さです。

熱中症対策には、冷かけうどんに水産物をトッピングしたものをおツユまで飲み干せば良いと信じてる(個人の見解です!)ので、最近お気に入りのうどん屋さんに行ってみました。
うどん県立中央病院の近く、朝日町の隠れた名店です。セルフうどん屋らしからぬ、かわいい店名ですよ。
ぽんぽん.jpg

お店に入る前は、冷かけうどんに「えび天」と思ってたのですが、トッピングコーナーの「かき揚げ」をよ~く見ると小エビが入ってるように見える!
ここは、小エビのかき揚げハンターとして食べておかんとイカン!と妙な使命感に駆られて、転進です。臨機応変です。
うどんとかき揚げ.jpg
結局、かけ小そのままと、小エビのかき揚げにしました!
しました!と偉そうに言っても、ビジュアルは冷かけもかけ小も変わりませんね

早速、いつもの儀式で小エビのチェック。見えにくですが、ちゃんと中に納まるように丁寧に揚げているようです。
ほじくり出してみると、残念ながら頭と尻尾はありませんね。これでは小エビの種類は分かりません。
エビアップ.jpg

分からないものは仕方ない、うどんも食べずに小エビの画像を撮りまくってると他のお客さんに不審がられるので食べます。
当然、うどんにダイブ。小エビの旨味をおツユに移しましょう。
かき揚げダイブ.jpg

ああ、しみじみ美味い。
しかし、このかき揚げの小エビ、よく見たら全部頭と尻尾が無いなぁ。たまたま取れてしまったんでは無いようだ・・・
私の予想ですが、丸ごとかき揚げに埋めてしまうと、頭の先や尻尾の先が硬くて変な角度で口に入ると「アガーーーッ」と叫んでしまう可能性があるので、ハサミで丁寧に除去されているのではないかと。うん、そうに違いない。(個人の見解です!)

たった100円程度のトッピングに何たる気遣い。うどん県クオリティ素晴らし過ぎる。
勝手に予想して勝手にほっこりしましたが、「これで午後のお仕事も乗り切れる」と勝手に元気をもらった暑いお昼休みでした。

この記事へのコメント