シマイサキを食してみる Part1

 こんにちは、ヤシマハタです。
 今回はあまり見かけない地魚をご紹介します。
 それがコチラ
 写真1 シマイサキ.jpg

 皆さん、ご存知でしょうか?
 名前はシマイサキといい、スズキ亜目 シマイサキ科 シマイサキ属に属するお魚です。
 うどん県ではあまり馴染みの無いお魚で、私も以前、河口で釣って以来数年ぶりに再会しました(笑)

 そんなレアなお魚、シマイサキちゃんを先日スーパーで見つけましたので、購入してみることに(・ω・)ノ
お家に帰って、いざ下ごしらえ。
 今回は、魚の味を確かめるため、シンプルに塩焼きにすることに。
 内臓は除去済みで、調理が超ラクチン。スーパーさんありがとう(*^-^*)
 身の両側に飾り包丁を入れて、全体に塩をまぶしていきます。皮が付いてるので、若干強めにふっちゃいます。

写真2 飾り包丁.jpg

写真3 塩焼き準備.jpg

あとは、塩をふって魚から出た水分をよく拭き取り、キッチンペーパーにくるんで、冷蔵庫に保管します。

果たしてどんなお味なのか、次回、Part2に続きます。


文責  ヤシマハタ

この記事へのコメント