市場調査6月-①観音寺漁協

 観音寺漁協魚市場の様子をお伝えします。
 テナガダコが獲られていました。
1.JPG
 名前のとおり長い手(足)が特徴です。
2.JPG
3.JPG
 旬は春~夏。瀬戸内海に多いタコです。
 マダコやイイダコよりも軟らかく,瀬戸内海では基本的に煮つけで食べられます。
 本種は韓国料理「サンナクチ(生きたタコの韓国版刺身)」の食材として有名で,近年食の多様化と共に値段が上がっている様です。タコは世界的に需要が高まっており,値上がり傾向にあります。今後手の届かない食材になっていくかもしれません。
 旅行で香川にお越しの際は,せっかくなので,この様な瀬戸内海のローカルな海の食材を食べられるお店を探してみると良いと思います。

香川の地魚が食べられるお店はコチラ→地魚提供店マップ「THE 魚」[PDF](14.21MB)

※一般の方は,許可なく市場に入場することはできません。

文責 メガネウオ

参考文献
美味しいマイナー魚介図鑑(2015):ぼうずコンニャク 藤原昌髙, 株式会社マイナビ.

この記事へのコメント