今期のうどん県産サーモン、残すところわずかです!

鮮やかな色合いで和洋中のどんな料理にも合うサーモン。
①DSC03608.JPG


サーモンは、今日本人が食べているお魚で最も人気があります。
日本で消費されるサーモンの9割がノルウェー、チリなどの外国産ですが、最近国産のサーモンの生産量も伸びています!

うどん県内でも各地でサーモンが養殖されています。
出荷時期は3月から5月。今期の生産もいよいよ終わりに近づいてきました。
坂出市の水産会社での出荷の様子を紹介しましょう。

早朝から沖合の養殖施設で取り上げ作業を始めます。
②IMG_3934.jpg

大人が入れるほどの大きな網で魚をすくいます。
③IMG_3937.jpg

この日は約900尾の出荷です。魚をいれた大きな容器をクレーンで持ち上げて運搬します。
④IMG_3945.jpg

取り上げた魚は選別し、計量して箱に詰めていきます。
⑤IMG_3968.jpg

⑥IMG_3967.jpg

きれいに箱詰めされたサーモンは、その日のうちに県内外に出荷されて店頭に並びます。
⑦IMG_3976.jpg

うどん県の生鮮サーモンが出荷されるのは5月いっぱいです。ぜひご賞味くださいね。
(文責 おー山)


この記事へのコメント