市場調査3月-①観音寺漁協

観音寺漁協魚市場の様子をお伝えします。
シャコが水揚げされていました。
1.JPG2.JPG
シャコは産卵期の子持ちが美味しいです。
3 -2.jpg
図1 シャコの雌(左)と雄(右)

シャコの雌雄は,図1の足の根元に生えている生殖脚(ピンセット先で指している部分)があるかどうかで判別できます。生殖脚を持っているのがオスです。
メスは産卵期には腹面にセメント腺が白く発達します。また,お腹の黄色く見える部分が卵巣です。シャコの卵巣は体軸に沿って伸びており,成熟すると尾節の中まで広がります(図2)。子持ちシャコを食べたい場合は,春に腹側が黄色くなっているものを選ぶと良いです。

4-2.jpg
図 2 成熟期のシャコ(雌)

子持ちのシャコは特に美味しいですが,それ以外の時期も年間通して美味しいです。
酒の肴に最高ですので,是非美味しいお酒とともにご賞味ください。

※一般の方は,許可なく市場に入場することはできません。

文責 メガネウオ

参考文献

浜野龍夫(2005) シャコの生物学と資源管理.日本水産資源保護協会水産研究業績書51,日本水産資源保護協会,東京,215pp.

この記事へのコメント