緊急告知 第5回観音寺・伊吹いりこマルシェに全員集合!!&衝撃小ネタ集①

どうも、目痛華麗です。とりあえず重要な告知から・・・
今週末、2月17日(土)9:30~ イリコの本場 観音寺市総合コミュニティーセンターで第5回観音寺・伊吹いりこマルシェ&いりこ料理試食会が開かれます。
当日は、市内の業者さんや漁協さんによるイリコ関連商品の販売のほか、イリコ出汁の試飲、イリコ体感ゲーム(イリコモンスターを探せ)など、多世代が楽しめる内容となっています。さらに嬉しいことに、いりこ料理試食会(11:30~こちらは有料 先着50名)を同時開催
主催は、観音寺・伊吹いりこ普及推進協議会さんですが、さぬき海の幸販売促進協議会からも、担当者とおさかな大使が参加し、このイベントを盛り上げる予定です。おいしくて楽しい、いりこマルシェにて、皆様のお越しをお待ちしています。
詳しい内容は、観音寺市観光協会さんのホームページをご確認ください。

さて、ここから衝撃小ネタ集です。緊急告知よりスペースを多く割いてすいません。食べたことを自慢したいので、お付き合いください。
【いりこちりめんアイス 寛永通宝つつみ】

①いりこアイスパッケージ.jpg②いりこアイスボール状.jpg③寛永通宝最中.jpg
上記のいりこマルシェで販売予定の「いりこちりめんアイス」です。刻んだチリメンがアイス生地に練り込まれていますが、魚臭さ、塩辛さはありません。観音寺市の「道の駅ことひき」で常時販売されています。市販のカップ入り以外に、コーン乗せや、最中はさみなど、リクエストできます。
私、一足お先に最中で食べました。この最中、なんと観音寺市のランドマーク、琴弾公園の「寛永通宝」をかたどっています。伊吹いりこ×寛永通宝 最強の組合せ、銭形平次も大喜びです。
(なぜ、ここに銭形平次が登場するか分からない方、「銭形平次 タイトルバック」で検索してみてください。)
【イリコのフランスパン+サプライズパン】
「高松市内のパン屋さんに、イリコパンがある!」との噂を聞きつけ、早速行ってみました。
正式な商品名は「伊吹島いりことカマンベールチーズのフランスパン」です。
④伊吹いりこ_ざる盛り.jpg⑤いりこパン.jpg
私が観察したところ、中羽ぐらいの大きさの伊吹いりこを割り骨を除き(頭は残っていました)、小さくちぎってパン生地に練り込み、カマンベールチーズを加えて、フランスパンに焼き上げているようでした。(パン焼きに疎い目痛華麗の見立てなので、間違っていたらすいません)
イリコとチーズの香ばしさが食欲を誘います。ハード系のパンには、干物のイリコがよく合います。私は食べやすい大きさにスライス後、トーストしましたが、オリーブオイルを塗ると更に芳醇な味わいになると思います。
で・・・更にサプライズは続きます。店内で会計待ちをしている時に、偶然魚の切り身らしき物体が乗っているパンを発見。確認すると「大葉とさわらの西京焼きパン」と書いてありました。
⑥サワラ(m1)2.jpg⑦さわらパン.jpg
目の前で何が起きているのか!落ち着きを取り戻すのに時間がかかりました。イリコパンにも驚きましたが、水産物が形を留めたまま、パン生地の上に鎮座している光景を、長い人生の中で初めて目撃しました。食べると今までに体験したことのない感慨が・・・
サワラの西京焼き(味噌漬けを加熱したもの)がまろやかで、まるで高級ハムのような舌触り。柔らかめのパンに程よくマッチ、ゴマの食感と大葉の香りがアクセントとなり、最高の味わいを醸し出していました。パンに味噌漬け水産物をプラスする斬新なアイディアと、完成度の高さに感動いたしました。柔らかく食べやすいので、おさかなが苦手な子供さんに最適だと思います。
「オリーブハマチうどん」のインパクト再び!粉もんつながりで、来シーズン「オリーブハマチパン」や「讃岐さーもんパン」などが商品化されないものかと、密かに妄想しています。うどん県内のパン専門店さん、県産水産物×パンの開発、チャレンジしてみませんか?

長くなったので小ネタは次回に続きます・・・

この記事へのコメント