ハマチフィーレの上手なさばき方!

年の瀬が近づいてきました。
年末にかけて多く水揚げされ、旬を迎えている「ブリ」。
ブリは、大晦日、年越しの食事につける年取り魚(としとりざかな)や年末年始の贈答品として、西日本では古くから重宝されてきました(ちなみに東日本の年取り魚は「サケ」です)。

この時期、ブリやハマチの「フィーレ」を購入したり、いただく方も多いのではないでしょうか?魚の頭、えら、ひれ、内臓、中骨を除去したものを「フィーレ」と呼びます。いわゆる「3枚おろし」にしたものです。フィーレは捨てるところがありませんし、一般の家庭の台所の広さで十分さばけます。
フィーレ.jpg
そして今回!うどん県内の水産関係団体で組織する「さぬき海の幸販売促進協議会」から、お得でおいしいフィーレを味わい尽くす「ハマチフィーレの上手なさばき方」レシピが作成・公表されたのでお知らせします。リンクはこちら。
http://www.pref.kagawa.lg.jp/suisan/ryuutsuu/data/hamachi_sabakikata.pdf

このレシピでは、ハマチのフィーレのさばき方を、初めての方にも分かりやすく解説しています。さばくのが楽しくなるコツも随所に入れていますよ。フィーレを上手に切り分けて、鮮度抜群のブリ、ハマチを味わい尽くしてくださいね!

また、水産課のHPに掲載している「香川のハマチレシピ集」では、スタンダードな「照り焼き」「しゃぶしゃぶ」から、「みぞれたたき」「にんにくステーキ」など、こだわりの10品を紹介しています。料理の参考にしてくださいね。
http://www.pref.kagawa.lg.jp/suisan/ryuutsuu/data/kagawa_hamachirecipe.pdf

文責 おー山

この記事へのコメント