オリーブハマチうどん裏メニュー(ひさ枝編)

ども、ヒロです。
久々にオリーブハマチうどんの話題を。
「オリーブハマチうどんキャンペーン」最近メディアでもちらほら紹介されております!
香川こまち12月号や、四国新聞さんでも取り上げていただきました
TVの取材もありましたよ。

そんな秘か?なブームを巻き起こしている「オリーブハマチうどん」の裏メニューを、今回はご紹介します。
そのお店は「ひさ枝」さん。
お店のぼり.JPG
うどん屋さんにオリーブハマチのノボリ。もうすっかり見慣れてしまいました。
こちらで「オリーブハマチうどん」と注文すると、ぶっかけうどんにオリーブハマチの漬けをのっけたモノが出てきます。
ひさ枝最新.jpg
↑↑↑これが通常バージョン。

これは当然美味しいのですが、私はもう何度も食べております。最近寒くなってきたし、ちょっと違う食べ方も試してみたい!
というわけで、大将にワガママ言ってみました。
「釜玉うどん小と、オリーブハマチを別皿で。」
大将、ワガママ客の無茶ぶりを快く受けてくれました!こんな感じで提供されます。
ひさ枝釜玉.jpg
熱々の釜揚げうどんが鉢に入れられています。自分で卵割って混ぜるスタイルなんですね。ちなみに、釜玉うどんの料金が350円で、トッピングとしてのオリーブハマチが300円なので350+300=650円のお支払いでした。
のんびりしてたらうどんが冷めてしまうので、ここから急ぎます。
まず、卵を割ってうどんと混ぜ混ぜ。半熟状態にしてテーブルの出汁醤油をちょろっと入れてスタンバイOK。
ひさ枝釜玉まぜまぜ.jpg
そして、別皿のネギをうどんにぶっかけて、自分の好きなタイミングでトッピングのオリーブハマチを投入します!
切り身は4枚なので、3枚は埋め込んで少し火を通し気味にしてみました。1枚は上にのっけてしばし待つ。
レアな感じに仕上がったら、いただきまーーーーす!
ひさ枝釜玉ハマチのっけ.jpg
う~ん、軽く熱が入ったオリーブハマチも良いですねぇ
熱々の釜玉うどんをすすりながら、残りのオリーブハマチも好みのタイミングで食べます。サイコー

というわけで太っ腹の大将はお客さんの要望に応えてくれますので、自分なりのカスタムメニューを開発してみるのもアリですよ!
注文した基本メニューの価格にトッピング代として300円を追加して支払うことになります。もちろん、ハマチ増し増しにも対応してくれるので大将に相談してみて下さいね。

裏メニューシリーズ、続くかどうかは未定です。

この記事へのコメント