うどんだけじゃない!海苔(ノリ)もうまいよ!

皆さ~ん。うどん県が全国トップクラスの海苔の産地であることを御存知ですか?
海苔の生産額が全国で年間986億円、そのうち、うどん県は40億円ですので、年間食べられる海苔のうち4パーセントがうどん県で作られたものになります。
この海苔をもっとたくさんの方に知ってもらいたい、食べてもらいたいと「さぬき海の幸販売促進協議会」が、出前教室をしています。
今回は、飯野小学校(丸亀市)の「放課後おじょもんクラブ」のメンバー68名の児童にPRしてきました。
司会は、おさかな大使の合田さん!
始まる前は「緊張する~!」と言っていましたが、ところがどっこい!しゃべりが上手です。聞きやすい声、児童との会話。スタートから大盛り上がりです。
1合田大使.jpg
まずは、DVDでうどん県の海苔について勉強し、元海苔漁師の山本さんに海苔の紹介をしていただきました。
2山本さんのお話し.jpg
児童と同じ目線でお話ししていただきました。うどん県はたくさん海苔が採れること、栄養がたくさんあるのでおいしいことなどが紹介されました。
瀬戸内海で作られる海苔は他の海の海苔より柔らかいそうですよ。
児童の皆さんも山本さんにたくさん質問していました。夏休みボケもなく、勉強熱心ですね。素晴らしい!
3質疑応答.JPG
続いて、海苔の○×クイズ。全問正解者には素晴らしいプレゼントを用意しています。
4○×クイズ.JPG
大盛り上がりです。
DVDと山本さんのお話の中から出題したのですが、全問正解者が続出!
急きょ2問追加し、それも正解した10名に海苔やおさかなシールをプレゼントしました。
5クイズ正解.JPG
ついにお待ちかね!本日のメインイベント「おにぎらず」料理体験です。簡単な料理ですので、家庭の定番料理にしている方もいらっしゃるかもしれません。
作り方は、こちらをご覧ください。
6具材.jpg
具材は、サラダ(レタスまたはキュウリ)、卵焼き、スライスチーズに肉料理(ハムカツまたはハンバーグ)を使いました。
海苔の上にあるのは、秘密兵器「ペットボトルのおなか」です。2リットルの正方形のペットボトルをカットしました。手が汚れず簡単におにぎらずができますよ。

作り方は簡単
1.まな板の上にラップを敷く。
2.海苔(全型)を1枚のせる。
3.海苔の上に「秘密兵器」をのせる。(海苔◆に対して秘密兵器□)
4.「秘密兵器」の中にごはん60グラムを置く。
5.具材をのせる(野菜→卵焼き→肉料理→チーズ)
6.具材のうえにごはん60グラムを置く。
7おにぎらず途中経過.JPG
7.ごはんを抑えながら「秘密兵器」を抜く。
8.ノリの角っこから包むように真ん中に折り畳み、ラップで包む。
8おにぎらず途中経過.JPG
9.上下逆にしてご飯の水分でノリが馴染むまで少し放置する。
10.半分にカットして完成!
9完成.JPG
テレビ局のカメラに向かってポーズ

簡単に短時間でできるので、だれも失敗しませんでした。
皆さんもうどん県の海苔を使ってぜひ作ってみてください!

うどん県の海苔は年中おいしくいただけます。
ちょっと先の話になりますが、年明けには今年生まれの新海苔も発売されます。
うどん県の海苔をたくさん味わってくださいね。

文責:アイアンソルジャー

この記事へのコメント