スクレーパーVSうどん県名産?カメノテ?

1スクレーパー.jpg
本日の近代兵器はコチラ!燦然と輝く逸品は、その名も「スクレーパー」でございます。本来の使い方は古い塗料や接着剤をこそげ取ったりするための道具でございます。そして、対戦相手はコチラ!
2カメノテ.jpg
「カメノテ」でございます。
今回なぜこのような対決に至ったかといいますと、目痛加齢さんから見せていただいた大阪のスーパーのチラシが発端でございまして、そこには四国フェアと題しまして、四国4県の水産物が掲載されておりました。他の3県が何だったかは注目してなかったので記憶がありませんが、我がうどん県の代表は「カメノテ。100グラム98円+税」とのことでした。
何ゆえ「カメノテ」??
疑問は残りますが、悩んでいても仕方がない。我がうどん県代表となったからには、その価値を紹介するしかありません。いざ!海岸へ……。
3流木でたたく.jpg
はい。海岸に到着です。が、さっそくトラブル発生!スクレーパーを使えば、超楽勝で採取できると思っていたんですけど、しっかりくっついて、ちょっとやそっとでは採れない。そこで、そこら辺から流木を拾ってきまして、ガンガンたたいていきますと、かなりいい感じ。試食分ぐらいを採ったあと、もう少しと欲をかいたそのとき…………。ツルっ!アっ!落水!スクレーパーが海に……。
4スクレーパー落下.jpg
流木を海に伸ばしてみるものの、回収できるハズもなく…。
短かったその命。さっきパッケージから出したばかりなのに…。そう、そこで鳴いているセミよりもはるかに短いその命の輝き。一瞬の煌めきのために、その命の全てを捧げ…。ありがとう!スクレーパー!君のことは忘れない…。
5コテ.jpg
ということで、いったん自宅へ戻りまして再び闘いの舞台へ戻ってまいりました。
先ほどまでは、軍手を忘れてしまい、フジツボなどで手がキズだらけになっちゃいましたので、今回はキチンと準備、そしてスクレーパーの代打で登場しましたのはコチラ!コテ!でございます。テフロン加工のフライパンや鉄板の登場ですっかり出番のなくなったコテが久しぶりに太陽の光を浴びるワケでございます。対戦相手も代わりまして、次なる相手はコチラ!
6ヒザラガイとマツバガイ?.jpg
ヒザラガイ(古代の生物みたいな方です。)とマツバガイ(丸い笠みたいな方。たぶんマツバガイ。ヨメガカサかもしれないですけど…。)の強力タッグチームでございます。
がっ!楽勝~♪楽勝~♪ド楽勝~♪カメノテと違って、群生していませんので、1個1個を個別にやっつけていくだけでございます。
7収穫物.jpg
試食に十分な量が採れましたので、後は目痛加齢さんに届けるだけでございます。目痛加齢さん、後はよろしくお願いいたします。

ヒラメ太郎EpisodeⅡ

この記事へのコメント