市場調査8月-②伊吹漁協

伊吹漁協魚市場の状況を報告します。

今回はキジハタを紹介します。
キジハタは極めて美味な高級魚です。

地元では「アコウ」と呼ばれています。
建網などで漁獲され,特に夏場に漁獲量が多いです。
写真のとおり,多くは活魚として,高級料亭などに出荷されます。
P8210015.JPG

無性にバス持ち(下唇を指でつかむ魚の持ち方)をしたくなる口の形と大きさをしていますが…
P8210045.JPG

それなりに鋭い歯を持っているので危ないです。
P8210024.JPG

キジハタは,個体によって体色が大きく異なります。
P8210003.JPG

伊吹島周辺で体長8cm程度のキジハタを放流したところ,放流16日後には体色が,

紫灰色に灰白色の斑点
    ↓
褐色で朱色の斑点

に変化したとの報告があります1)。これは放流魚が甲殻類を捕食したことによる影響と考察されています。

味がよく,(個人の感想ですが)魚体も美しく,性転換したり体色が変化したり生態的にも面白い,個人的には,色んな意味でパーフェクトに近いお魚と思います。

高級なので,簡単には手が出ない(そもそもスーパー等にあまり売っていない)魚ですが,サンポート等でも運が良ければ釣れます(ヒラメ太郎先輩の記事)ので,釣竿を握りしめて,最高級の今晩のおかずを家族に持って帰るのも一興かもしれません。

※一般の方は、許可なく市場に入場することはできません。

文責 メガネウオ

文献

1) 佐々木 智史,宮川 昌志,神田 優,安部 昌明,山岡 耕作,末永 慶寛:瀬戸内海伊吹島におけるキジハタ放流人工種苗と天然当歳魚の生態,生態工学会 Journal of Eco-Engineering Vol. 21 ,No. 1 pp15-26,2009

この記事へのコメント