市場調査8月-①香川県魚市場株式会社-

高松地区の市場調査についてお伝えします。

さて、今回は香川の夏を代表する魚、マナガツオ。
丸い顔がかわいらしく、そのうえ上品な白身が美味しくて個人的にとても好き。
きっと海の中でも水族館のマンボウのように(※1)ゆったり過ごしているんやわ?
と想像するのですが、漁師さんから「マンボウみたいちゃうで~。
ものっそ泳ぐん速いんで!!逃がしたらぴゅーーっやで!!!」と力説していただきました。

DSCN5086.jpg

えぇー!? なんかイメージが…。
でも、美味しい魚であることに変わりはありません!!
成魚は外洋性で、瀬戸内海には産卵のために夏に来遊します。
ぴゅーーっといなくなる前に、食べておきたいですね!

※1:マナガツオはスズキ目イボダイ亜目マナガツオ科の魚で、マンボウ(フグ目フグ亜目マンボウ科)やカツオ(スズキ目サバ亜目サバ科)とは別の種類です。余談ですが、マルコバン(スズキ目スズキ亜目アジ科)というマナガツオに激似の魚も存在します。

(一般の方は、許可なく市場に入場することはできません。)
のりまき

この記事へのコメント