2017年「一番搾り 香川に乾杯」試飲会&香川おさかな大使デビュー

ども、ヒロです。
またこの季節が来ました。KIRINの一番搾りのご当地モノ。今年は「一番搾り 香川に乾杯」という名前で、既に販売が開始されていますよ。

今回も「地産地消」「うどん県産食材ブランド化」を目的にコラボレーションということで、うどん県の地魚として「讃岐のタコ」「瀬戸の小エビ」「ハモ」「マナガツオ」を取り上げていだだきました。ありがたや~。
というわけで、「さぬきのええぶん」と「一番搾り 香川に乾杯」試食・試飲会が先ほど行われたので速報レポートします。
場所は、高松市兵庫町の「天勝本店」。実は、この試飲会は新おさかな大使が公の場にデビューする大事なイベントでもあるのです。
まずは知事のご挨拶。
知事挨拶.JPG
続いてうどん県漁連の嶋野会長のご挨拶。瀬戸内の地魚が美味しい理由を熱く語ってくださいました。
会長挨拶.JPG
そして、キリンビールの髙見支店長が今回の取り組みのコンセプトを説明。
「さぬきのええぶん※」という、うどん県ならではの方言を気に入ってくださったようです。地元の者からしたら普通に使ってきたな~んてことない言葉なんですが、インパクトがあったようですね。
 ※「うどん県の良いモノ、コトを意味します。」(キリンビール㈱配布資料より)
髙見支店長.JPG

さあ、おさかな大使のデビューです。フォトセッションに参加します。
フォトセッション.JPG
最初は緊張しまくりで顔がこわばってましたが、自然な笑顔になってきましたよ。

フォトセッションが終わると早速試食へ。
料理は、どどーんとこんな感じ。今回は4魚種ですのでバラエティーに富んだ構成です。
料理.JPG
このお料理の詳細は、また後日ゆっくりと解説します。激しく美味しかったです。
試食・試飲された方も大満足の様子でした。

こんな美味いものを食べてビールが目の前にあるのに飲めない(お仕事中なので)なんて・・・とちょっと怒りがこみ上げてしてしまいました。ごきゅごきゅ試飲されている方がウラヤマシ~
いくら悶絶してもダメなものはダメなんで、美味しいお茶をいだだきましたけどね。

さて、閉会後は報道陣の方々のリクエストに応えて、ブツ持ち画像のセッション。
大使ブツ持ち.JPG
大使の皆さん、デビュー戦緊張しましたね。でも良い笑顔で頑張ってました。
今後のイベントでの活躍を期待してますよ!

この記事へのコメント