夏の地魚料理教室

ども、ヒロです。うだってしまうような暑い日が続きますねこんな時は、旬のおいしい食べ物で元気になるしかありません。夏においしい魚はなんだろーか。

とか考えてたら、とある大人たちの集まりの「夏の地魚料理教室」のお仕事が舞い込んできました。
お勉強させていただきましょう。
講師はおなじみの友澤先生です。キスの開き.JPG
夏の小魚の定番といえばシロギス。始めはシロギスの天ぷらの下ごしらえですね。開きにしています。みなさん興味津々ですね~。
きれいに開くのは結構難しい。みなさん教わったとおりに挑戦しています。
キスの開きに挑戦2.JPG
苦戦しながらも、数をこなすと上手になっていきますよ。やっぱり慣れですね。とにかく数を多くやってみるのが上達の秘訣です。
キスの開きに挑戦.JPG
捌けたら揚げに。ここは先生がプロの技で揚げてくれました。指先が完全に油の中に浸かってますよ!熱くないんでしょーかね
天ぷらあげ.JPG
先生の技に人だかりです(^^♪
天ぷら人だかり.JPG
こちらは、なんと小エビとマナガツオ!
マナガツオとエビ.jpg
小エビは蒸して、殻をみんなで剥き剥き。マナガツオは先生が炙りに。

小エビは市販のライスペーパーと野菜を使って生春巻きになりました。スウィートチリソースでいただきます。簡単だし見栄えも良くてイイ♪

エビの生春巻き.jpg
マダコのゆで方や、ハモの湯引きの方法も学びます。
吸盤.JPG
みなさん真剣に取り組まれていました。完成.JPG
ハモ.jpg
学んだ後は、いただきましょう。
試食.JPG試食2.JPG
みなさん良い笑顔ですね。
この日のメニューは
 シロギスの天ぷら
 マダコ(ゆでダコ)
 ハモの湯引き
 小エビの生春巻き
 マナガツオの炙り
でした。こりゃ元気出ますね!
参加されたみなさんも、大満足の様子。今後は家庭でも楽しんでいただきたいと思います。
私もお勉強になりました!

この記事へのコメント