チリモンゲットだぜ!

 7月1日に東かがわ市の三本松小学校で「チリメンモンスター選別体験」を開催しました!
 この選別体験には2年生の14名(全児童)が参加してくれました。
 
さて、「チリモン」という言葉を御存知でしょうか?
これは、「チリメンモンスター」を略した言葉です。チリメンは、シラス(カタクチイワシの子供)を茹でで乾燥したものですが、たまに、カタクチイワシ以外の魚、タコ、イカなどが混じっています。
 このチリメン以外に混じっている魚などを大阪にある「きしわだ自然友の会」のメンバーが「チリメンモンスター」と名付けました。
皆さんの中にも、小さい頃に、チリメンの中から変わった魚などを探したことがある方がいらっしゃると思います。
私は小学校の時に、夏休みの最終日に晩御飯で出てきたチリメンから、チリモンを選別してセロハンテープでノートに張り付けて自由研究として提出したことがあります。
このように、誰でも簡単に水産の勉強ができるということで、各地で「チリモン」探しが行われています。
三本松はシラス漁が盛んな地域ですので、児童にとっては、自分の住んでいる町の勉強にもなりますね。

さて、この日はまず近所にある「三吉丸水産」様の加工場を見学。社長が生シラスを食べさせてくれました。
さすが漁業の盛んな町、三本松の子供たち。みんな抵抗なくパクついていきます。
どんな魚が美味しいが知っているんでしょうね。
ずいぶん前から魚離れという言葉がよく聞かれますが、こんなところに魚食普及のヒントが隠れているのかもしれません。
1三吉丸見学.JPG
続いて工場の中を見学。生シラスを茹でてから、乾燥するまで、それぞれの機械の前で説明してもらいました。
2釜揚げ見学.jpg
最初に釜揚げ作業の説明。子供たちはいちいち反応してくれるので、説明に熱が入ります。
3釜揚げ試食.jpg
試食タイム。一斉に手が出ます。さっきの説明を覚えているだろうか・・・
4乾燥.jpg
続いて乾燥工程。「食べたいなー」のオーラがあふれています。
5天日干し.JPG
最後は屋上で天日干し。天日干しされることで、旨みが凝縮されますし、殺菌効果もあります。
この時はまだ干されていませんでした。
この場所からシラスの漁場をみることができます。
普段気にしてなければ、漁場がこんなに近いってことが分からないですよねー。

ここで工場見学は終了!
三吉丸水産様ありがとうございました。

教室に帰ってから、チリメンや漁の紹介をして、
お待ちかね!「チリモン探し」とチリメン試食タイムです。
6説明.jpg   
 一般社団法人 香川県水産振興協会様によるチリメンと漁の紹介。
みんな真剣に聞いています・・・
 よくウチの小学2年生の息子に「人の話を聞きなさい!」と怒りますが、2年生ともなると、最後まで人の話を聞けるようになってるのですね~。
確実に私が小学2年生の時より聞いています。
 実は未就学生や小学生などの小さい子供は、こちらがドキリとする質問をたくさんしてきますので、質問タイムは講師も結構緊張します。

チリメン(シラス)と、漁法はこちらで紹介されています。
チリメン(シラス)について
https://www.kensanpin.org/products/products/list.php?category_id=209
漁法について
http://www.pref.kagawa.jp/suisan/gyogugyohou/hunabiki/patti/patti.htm
7皿.JPG
1人1皿分を選別。先ほど見学した三吉丸水産様が製造したものを使います。

普段は、製造工程で、ちりめんとそれ以外と分けられますが、チリモン選別のために、わざといろいろな魚を入れてもらっています。
8選別作業.JPG
保護者と一緒に選別作業。
9選別作業2.jpg
図鑑と見比べながら選別していきます。
10選別終了.JPG
あっという間に選別終了。子供の集中力はすごいですね。

 この日は、サバ、エソ、サワラ、ヨウジウオ、イカ、エビの子供(ゾエア期)がよく見つかりました。何人かがタコも見つけていました。
 レアものとしては、この時期タツノオトシゴが見つかるようですが、残念ながら見つからず・・・
ちなみに、大きい魚はチリメンの親であるカタクチイワシです。これは、シラスの親の紹介で後から配ったものですのであしからず・・・
11チリモン試食.JPG
選別後は、チリメンの試食。「おいしい!おいしい!」の大合唱が響きます。
おかわり続出で用意したお米が全部なくなってしまいました。
主催者の我々もうれしくなります。
もちろん、このチリメンは先ほど児童が選別作業したものとは別に用意してますよ。

と、ここでイベントは終了。
 最後まで、元気に一生懸命勉強してくれた児童に感謝、感謝!
みんな大きくなっても魚を食べてね~。 

 文責 アイアンソルジャー

この記事へのコメント