仁尾町漁協の「朝獲れ朝市」

ども、ヒロです。
ヒラメ太郎EpisodeⅡ先輩の記事にありました、仁尾町漁業協同組合の「朝獲れ朝市」

最新の開催カレンダーを入手しましたので、こちらで紹介します。
まずは上半期。
2017仁尾町G朝市上半期.jpg
下半期です。
2017仁尾町G朝市下半期.jpg

おっと、この週末の日曜日も開催日ですよ!
っとか言いつつ、実はワタクシ行ったことがないんですよね~スイマセン

月ごとに、おススメの魚を紹介してくれてます。そろそろ、各種のイカが楽しめそうですくコ:彡
5月のおススメには、「松いか」「あおりいか」「紋甲いか」とありますね。

「松いか」とは、標準和名で「スルメイカ」のことですね。うどん県にはこの時期回遊してくるのですが、小型サイズのものです。小型なので柔らかくて食べやすいんですよ。

「あおりいか」はそのまんま「アオリイカ」ですね。くコ:彡釣り人にも大人気のイカの王様ですよ。

「紋甲いか」は、標準和名で「カミナリイカ」。キスマークのような💋紋があるのが特徴。大きくなるので、厚みがあって食べでがありますよ!

う~ん、季節のイカ尽くしも良いですねぇ。
6月のおススメを見てみると・・・
6月.jpg
んんん?なんか見慣れない名前のおさかなが。
「三升米」って、なんて読むんだ??スイマセン、正直に言ってワカリマセン。修行が足りんですな。
おさかなの世界では通称が入り乱れていて複雑怪奇ですからねぇ。しかし、地元のおさかなで我々がワカラナイというのはよくありませんね

ネットで検索すると、それらしき候補が何個か出てきました。
標準和名で「イトヨリ」「シマイサキ」「ヨコスジフエダイ」あたりが、三升米という通称で出てきます。
生息域で考えると、「シマイサキ」「ヨコスジフエダイ」が濃厚です。おススメ欄では、イシダイとマナガツオの間ということは、かなり美味しい魚であるとみましたので、ワタシは「ヨコスジフエダイ」ではないかと予想。
おさかな試験場のメガネウオくんに問い合わせたら、「ヨコスジフエダイ」ではないか、とのこと。

読み方も謎が残ってますし、これは実際にこの目で確かめにいかなければいけないですね。
明後日の14日も開催予定です。みなさんも、一度行ってみませんか!

この記事へのコメント