目に青葉…には少し早いけど。

「初物を食べると寿命が75日延びる」なんてことが昔から言われているワケでございまして、そこで今回は「初物」をいただくことにしたいと思います。
と、いうことでコレっ!!
1準備物.jpg
うどん県産ではございませんが、初物ってことでカツオの半身を購入いたしました。しかしなんですねぇ~。この「半額」シール。ついつい手にとってしまうワケです。
「目に青葉 山ほととぎす 初がつお」ってことですが、江戸時代と現代の漁業は漁船の性能なんかが違いますので、「初がつお」は早くなっているんだと思います。まだ「青葉」って感じじゃないですもんね。
ちょっと余談ですが、うどん県の県民鳥に「ホトトギス」が指定されています。ご存知でしたか?
『古くから歌や詩に多く詠まれている鳥で、県内に広く生息し、よく知られています。夏の渡り鳥ですが、香川県でよく繁殖します。昆虫、特に、毛虫を食べるので有益。昭和41年5月10日に指定になりました。』と県民鳥に指定された理由の解説がなされています。
ではでは、準備物。カツオ、トーチバーナー、鉄串、包丁。トーチバーナーはなくてもガスコンロがあれば十分ですね。ということでカツオのタタキで行きたいと思います。
2割る.jpg
では調理開始でございます。真ん中のところに骨が皮に向かってたくさん入っていますのでここんところをカットいたします。
3こんな感じに割る.jpg
こんな感じ。
4串を打つ.jpg
串を打ちます。こんな感じ。
5炙る.jpg
炙りますよ~。ヤケドには十分ご注意を!トーチバーナーの先は真っ赤になるほど焼けていますよ~。それと、くれぐれも近くに燃えやすいものを置かないでくださいね。フキンとかあると危ないですよ~。
6こんな感じに炙る.jpg
はい。こんな感じでしょうか。ラップをしまして、冷蔵庫にてしばらく寝かせますよ~。
7いい感じにカット.jpg
適当な厚さ、サイズにカットしまして、後は、ポン酢が一番かな、薬味はお好みで、ニンニクスライス、ニンニクすりおろし、タマネギスライス、きざみ青ネギ、しょうがすりおろし、ミョウガ、大葉、レモン、柚子などなど。

今回は初物ってことでカツオを使いましたが、4月20日の夜から「さわら流しさし網」がいよいよ解禁!!翌日には、うどん県の春の魚の代表選手「鰆」が魚市場に並んでいるハズです。解禁後しばらくはお値段も高めかもしれませんが、「鰆」も皮付きで炙っていただいて、タタキにすると超おいしいですよ~。春が楽しみ~です。「鰆」も初物ってことで、さらに75日ってことで…。
しかしなんで75日なんでしょかね。「人の噂も75日」なんてのもありますよねぇ。調べてみますと、諸説あるようですが、立春、立夏、立秋、立冬の直前にあります土用が関係しているようです。「五行に由来する暦の雑節」ということで、5つの季節があるということになりまして、で、365日を5で割りますと、73日となり、キリのいいところで75日ってことで、季節がかわって一区切りってことになるようです。

ヒラメ太郎EpisodeⅡ

この記事へのコメント