市場調査2月-①観音寺漁協

観音寺漁協魚市場の状況を報告します。
今回は今が旬のガザミです。

村山ら(2016)によると,岡山県西部で漁獲されたガザミの体成分について
“雄は10~3月に旨味が強く,雌は11~4月に旨味に加えて身入りも良いと考えられた。さらに,雌はこの時期には卵巣が発達しているため,旬と考えられた。”
と報告しています。
雌雄で時期が少しずれているところが面白いです。

以前のりまきさんの記事(リンク)で,ガザミの雌雄判別の紹介がありました。
復習しましょう。
こちらのガザミが10~3月に旨味成分が多いオスです。

1.jpg
3.jpg

こちらが11~4月に旨味成分が多いメスです。

4.JPG
5.jpg

身が詰まっている感じでした。おいしそうです。
個人的には,トマトクリームパスタにすると絶品と思います。
料理中も,フランベするのが楽しいです。なんだかすごい料理をやっている感を味わえます。おすすめです。

今が旬のうどん県産のガザミを是非ご賞味ください。

※一般の方は、許可なく市場に入場することはできません。

文責 メガネウオ

文献


1) 村山史康・泉川晃一. 岡山県海域で漁獲されたガザミの体成分及び遊離アミノ酸の季節変化. 岡山水研報告 31 10-14,2016



この記事へのコメント