うどんトッピングツアー!~綾川のほとりで~

どうも、うどんトッピングハンターのヒロです。
ヒラメ太郎先輩のつけたタイトルをそのまま勝手に使いました。
うどんトッピングとしてはスタンダードにして最強だと思っている小エビのかき揚げ。
本当は体重オーバー気味なので最近は自粛傾向だったんですが、これも仕事なので仕方がない。時々、紹介していきますよ。

今日紹介するのは、綾川のほとり、讃岐国府跡近くのY下うどんさん。
ちょっと前に放送があったTV番組「ブラタ●リ」は、さぬきうどんについて地形や地質なんかを切り口にしていて面白かったですね。番組では、うどん作りには欠かせなかった「水車」についても触れられていましたが、こちらのお店には昔、水車があったそーな。由緒正しいうどん屋さんなんですね~。

小難しいことは置いといて、ワタクシ、このお店の個人的な楽しみとしては、大きなカマドと小エビのかき揚げを作っている超キュートな方がご健在なのを確認すること。

この日も元気に、素晴らしい手つきで揚げてました!
揚げてる.jpg
思い切って、小エビの産地を聞いてみましたが、「地元のエビやで~」とのこと。嬉しいですねぇ。
かき揚げ.jpg
素晴らしい。玉ねぎの入らない、小エビと衣のみのプレーンタイプ。

では、せっかくなのでエビの正体を調べてみましょうか。
ヒラメ太郎先輩の記事では、尾肢と尾節の長さで一目瞭然との解説ですね。(ワタクシも一応パッと見ただけで瞬時に分かりますが…)
尾節の長さ.jpg
はい、これはサルエビと思われます。

そんなことはイイとして、食べましょう。
うどんとかき揚げ.jpg
そのまま楽しみたいのと、出汁に浸かったのを両方楽しみたいので割って楽しみます。
うどんにのせる.jpg
う~ん、そのままはサクサクでエビの旨みがダイレクトにきます!
(゚д゚)ウマー

出汁に浸かったのは、柔らかくほどけてこちらもウマい。お出汁にエビの旨みが移っていくのもたまりませんな~。

というわけで、今回も大満足でした。

この記事へのコメント