市場調査-12月①庵治漁協市場

 こんにちは、播磨守 太郎です。
 庵治漁協の市場では、底びき網で獲れたものを主体に、いろいろな魚介類が出荷されていましたが、10月の記事でご紹介したアオリイカやコウイカもかなり大きくなっていることが実感されました。
 今回はサヨリについて紹介します。香川県でサヨリを目的とした漁法としては、さより機船船びき網、さより流しさし網があります。船びき網は、4月から6月、観音寺沖や伊吹島周辺で流れ藻に産卵する親魚を狙って2隻の漁船で網を引くものです。一方、庵治では、流しさし網で漁獲されたものが秋から年末にかけて出荷されています。
PC130717.JPGPC130716.JPG
 ほっそりとした体形で銀色の光沢が美しく、上品で淡白な味をしており、糸造りにされた刺身の他、塩焼き、すまし汁、干物などで食されます。腹からの鮮度落ちが早いので、鮮度の確かなものでも内臓は早めに抜いておくことが必要です。

文責  播磨守 太郎

この記事へのコメント