カマスの一夜干しを食べる

どうも、骨折スタッフのヒロです。
職場にいっぱい迷惑を掛けて落ち込んどるとです。
2.jpg
荷物は持てないし、パソコン打つのも片手なんで遅い…全くの役立たず。
そんなこんなでしょげていたところ、優しい先輩から骨折に効くプレゼントを貰ったとです。
1.JPG
こんなんで、骨折が劇的に治るとは思えませんが(失礼)、そのお気持ちが嬉しいじゃあーりませんか!
というわけで、その日の夕食に早速焼いてみました。
これが。
3.jpg
こうなる。
4.jpg
どうですか。見えますかね~開いた腹の部分、旨そうな脂がジュージュー泡立ってますよ!
白身の魚って、そんなに脂が乗っていないイメージですが、これは楽しみです。
5.jpg
そうそう、今回は“皮”を食べるのが主目的。
6.jpg
皮つきの部分を一口食べてみて・・・う~ん、しみじみ美味い。脂も適度でパサつかないし、皮目独特の風味がたまらないですね。塩加減もほどよくて、ご飯が進みます。
余すとこなく食べました。ごちそうさまでした。
7.jpg
お皿には色どりのために、スダチを置いていましたが、個人的には焼いた魚はプレーンな塩味で食べたい主義なのでスダチは搾りませんでした。
一緒に食べていた高2の息子、途中で一搾りして食べていましたが彼の口にも合わなかったそうです…
脂の主張が強いサンマなどには爽やかなスダチの風味が合うのでしょうね。このあたりは好みの問題なので、皆さまはお好きなように。

これを食べたら、なんか骨がくっついてきた感じですよ!
お医者さんに行ったら、予定より早い2週間でギプスを取ることができました。バンザーイ。
8.jpg
持つべきは優しい先輩ですなぁ。
(この記事の最後の方は多分に誇張表現が含まれていますのでご注意下さい。)

この記事へのコメント