もっと光を~オコゼ編~パート2

 2018年にうどん県でそこそこ量がとれて(=店頭に並んで)、安くてそれなりに美味しい魚。もっと脚光を浴びて欲しいお魚。ということでオコゼを紹介しました。  もっとオコゼを食べていただきたい!ということで、PR用素材用の撮影を行っています。  高松市にあるオコゼ料理専門店様にご協力いただき、おいしい料理になるまで密着取材です。  毒のある背びれを取り除いた後は、きれいな薄造りに…

続きを読む

来シーズンの讃岐さーもん出荷に向けて!

 うどん県の春の代表種、讃岐さーもんは例年4月上旬から5月中旬まで出荷されます。  おさかな課スタッフも春の時期は、県内各地で讃岐さーもんをPRしています。  うどん県のおさかな研究機関である水産試験場でも毎年、いろんな地区のニジマスを搬入して、成長を調べています。  今回は、12月に搬入したニジマスがどれだけ成長したか確認する作業に参加したのでレポートします。   …

続きを読む

冬の海の上では ~ノリ養殖最盛期!

 この時期、海を眺めるといつもと少し違った風景が目に入ります。  これはうどん県庁から高松沖を眺めた風景です。よく見ると、海面に長方形のじゅうたんを敷いたようなものや、たくさんの白い球が浮かんでいるのが見えます。実はこれ、ノリ養殖の施設でして、じゅうたんはノリを生やしている網(「ノリ網」といいます)、白い球は、ノリ網が沈まないようにするための浮きです。  ノリ網は、海水温が18℃前後に下…

続きを読む