讃岐の郷土料理「鮒のてっぱい」

 フナを酢締めにし、大根・ねぎ・とうがらしなどを加えて酢みそで和えたものを「てっぱい」といいます。こちらうどん県では、農閑期に入る秋から冬にかけて、水を抜いたため池のフナをとって作ります。この時期のフナはあぶらものって美味しくなるんです。  先日県主催の淡水魚の料理講習会が高松市で開催され、鮒のてっぱいをJA香川県桜町支店の女性部の方々といただきました。  魚はため池から取り…

続きを読む